【東京オートサロン2022】三菱 K-EVコンセプトXスタイル」「ビジョン ラリーアート・コンセプト」を世界初公開

三菱自動車は2022年1月11日、幕張メッセ(千葉市)で1月14日から16日まで開催されるカスタムカーショー「東京オートサロン2022」に「次の時代の、次の冒険を。」をテーマに出展すると発表した。

世界初公開の軽自動車BEV「K-EVコンセプトXスタイル」

ブースでは電動車とSUVを中心に、環境に配慮しながらアクティブなカーライフを楽しめるコンセプトカーとカスタムカーを展示する。特に注目されるのは世界初披露となるコンセプトカーの軽自動車BEV「K-EVコンセプトXスタイル」と、サブブランドのラリーアート復活を告げる「ビジョン ラリーアート コンセプト」だ。

また、クロスオーバーSUV「アウトランダー」、「エクリプスクロス」、ミニバン「デリカD:5」、軽商用EV「ミニキャブ・ミーブ」のカスタムカーなど合計7台を参考出品する。

K-EVコンセプトXスタイル

2022年度初頭に発売を予定している新型軽自動車サイズEVのコンセプトカーとされるが、事実上の市販予定モデルだ。

取り回しがよく運転しやすい軽自動車の魅力と、滑らかで力強く気持ちのよい加速と、静かで上質な乗り心地という電気自動車の魅力に、先進の運転支援機能やコネクティッド機能を加えた新世代の軽EVだ。

アクティブなSUVテイストのスタイリングに、クリーンでソリッドなイメージのマットブルーのボディ色と、電気自動車のモーターコイルをイメージしたカッパーのルーフ色の2トーンカラーを組み合わせ、フロントバンパー、ボディサイド、リヤゲートには“X”のロゴを配している。この“X”は、軽ハイトワゴンにSUVテイストのスタイリングを採用していることを意味している。

ビジョン ラリーアート コンセプト

ビジョン ラリーアート コンセプト

プレミアムで圧倒的な存在感のスタイリングとすることで、新しいラリーアートの可能性を表現したモデルだ。

重厚感があり機能美を感じさせる前後バンパーと、大きく張り出した前後オーバーフェンダーによりボリュームのある筋肉質で力強いフォルムを表現。ラジエーターシャッター付きのフロントグリル、モータースポーツイメージの大型リヤディフューザーによりスポーティさを強調。

ボディカラーは光の当たり方によってブルーのハイライトが浮かびあがる、特殊な加工を施したマットブラックを採用している。

走りにおいては、ワイドトレッドとして22インチの大径ホイール/タイヤを装着。さらに強力なモータートルクに見合った制動性能を発揮する大径ブレーキディスクと対向6ポットキャリパーを採用し走りのレベルを一段と高めている。

アウトランダー ラリーアート・スタイル

ラリーアートスタイル

アウトランダー ラリーアートスタイル、エクリプスクロス ラリーアート・スタイルは、ラリーアートのアクセサリー装着によってカスタマイズ。

エクリプスクロス ラリーアート・スタイル

ボディカラーは上質で高輝度なホワイトダイヤモンドとし、フロント、サイド、リヤのガーニッシュやテールゲートスポイラーにレッドのアクセントカラーを採用しスポーティな印象に。また三菱らしさを印象付けるラリーアートロゴ入りのサイドデカールとマッドフラップを装着している。

デリカD:5タフbyタフ

デリカD:5

デリカD:5 タフbyタフは、オールラウンドミニバン「デリカD:5」にアフターパーツメーカーの各種パーツとラリーアートアクセサリーを装着することで、タフさを強調したオフロード仕様だ。

アウトランダー ワイルドアドベンチャースタイル

アウトランダー

アウトランダー ワイルドアドベンチャースタイルは、アウトランダーに純正アクセサリーと老舗アウトドアブランド「ogawa」とコラボレーションすることで、アウトドアレジャーを満喫できる仕様として提案するモデルだ。

フロント、サイド、リヤのガーニッシュとリヤスポイラーによってスポーティな装いとし、サイドバー、リヤバンパープロテクター、マッドガードによってSUVのタフさを強調。

ベースキャリアやトレーラーヒッチメンバー、ogawaとコラボレーションした純正アクセサリーのキャンプ用品により、ワイルドなキャンプスタイルをイメージさせるモデルとなっている。

ミニキャブ ミーブ Bレジャー・スタイル

軽EVミニキャブ ミーブ

ミニキャブ ミーブBレジャースタイルは、軽商用EV「ミニキャブ ミーブ」をベースに、、平日は移動式オフィスとして、休日はソロキャンプを楽しむことのできる、EVならではの給電機能を活用したプライベートからビジネスまで快適に楽しめる仕様としたモデルだ。

森林やキャンプ場をイメージさせるモスグリーンのボディ色とアイボリーのルーフ色の2トーンカラーとし、ボディサイドにはEVを象徴する電源プラグやテント、デスクのデカールをあしらい、その世界観を表現。

カーサイドタープやキャンプ用テーブル、ソファなどのキャンプ用品を装備することで、アウトドアを楽しむことができる。またリヤスペースをフルフラットとして居住性を高め、テレワークに必要なテーブルや座椅子、ラグマットなどを装備している。

さらに、駆動用バッテリーの電力が利用できる装置「ミーブ・パワーボックス」を活用することで、電気ケトルやコーヒーメーカー、パソコンなどの電化製品を屋外でも使用可能となっている。

三菱 関連記事
三菱自動車 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る