【東京オートサロン2022】三菱 新型軽自動車EVのコンセプトカーとラリーアート・コンセプトカーを世界初披露

三菱自動車は2021年12月20日、幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区)で2022年1月14日~16日に開催される「東京オートサロン2022」で新型軽EVのコンセプトカーと、ラリーアート・コンセプトカーを世界初披露すると発表した。

2022年度初頭に発売が予定されている新型軽EVのコンセプトカーは、軽自動車ならではの取り回しがよく運転しやすいサイズのボディに、電気自動車ならではの滑らかで力強い走りを融合させた日産との共同開発モデルだ。

さらに先進的な運転支援機能やコネクティッド機能を採用するなど新世代の軽自動車EVにふさわしい機能を備えている。

なお、コンセプトカーと称されているが、限りなく市販モデルに近い姿を見ることができそうだ。

ラリーアート・コンセプトカーは、三菱自動車のサブブランドとしてラリーアートを復活させる計画にしたがい、三菱独自の技術とクルマづくりにかける情熱を結集し、プレミアムで圧倒的な存在感のスタイリングとすることで、新しいラリーアートの可能性を表現したモデルになっているという。

なお「東京オートサロン2022」は、現地でも、オンラインでも見ることができる。

東京オートサロン2022 公式サイト

三菱 関連記事
三菱自動車 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る