【三菱】 デリカD:2を新発売 動画付き

三菱自動車は、コンパクトミニバンの「デリカD:2」を発表。2011年3月10日から全国の系列販売店で発売される。

コンパクトなボディながら、広い室内空間、後席両側スライドドアや多彩なシートアレンジなど、便利な機能を満載して登場した。

新型デリカD:2は、スズキからのOEM供給を受けてのモデルで、スズキでは「ソリオ」の名前で既に発売されているモデルだ。

デリカD2

全長3710mm×全幅1620mm×全高1765mmとコンパクトだが、室内高は三菱の最高級ミニバン、デリカD:5の1310mmを凌ぐ1345mmとクラスを超える広さを持ったモデルである。

搭載されるエンジンは、スズキ・スイフトに採用されている1.2LDOHC16バルブエンジンにCVTが組み合わされ、可変バルブタイミング機構などにより、クラストップレベルの22.5km/Lという低燃費を実現している。そのため、全グレードでエコカー減税(75%)に適合している。

価格表

文:編集部 髙橋 明

関連記事

スズキから新型の小型乗用車「ソリオ」が発売

三菱自動車 公式Web


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る