【東京オートサロン 2023】レクサス RZ SPORT CONCEPTやLXのBAJA1000参戦モデルを出展

レクサスは2023年1月13日、幕張メッセ(千葉市)で開催されている「東京オートサロン 2023」に、「RZ SPORT CONCEPT」と「LX600“OFFROAD”TEAM JAOS 2022 ver.」を出展した。また隣接会場で開催されている「TOKYO OUTDOOR SHOW 2023」に「RX OUTDOOR CONCEPT」と「ROV CONCEPT 2」、「GX OUTDOOR CONCEPT」を初出展した。

RZ SPORT CONCEPT(佐々木雅弘選手プロデュースモデル)

カーボンニュートラル社会の実現に貢献し、さらにバッテリーEVならではの走りやカスタマイズの楽しさを追求した「RZ SPORT CONCEPT」を出展。

ベース車両はRZ。ボディサイズは全長4883(+78)mm、全幅1985(+90)mm、全高1600(−35)mmとややサイズアップされ、全高は低められている。サスペンションは−35mmのローダウン仕様で、タイヤは295/35R21、ホイールは21インチ/11Jサイズだ。

専用エアロパーツとして、フロント&リヤバンパーロア、サイドロッカーエアロパーツ、フロント&フードエアロ開口、リヤツインカーボンスポイラー、オーバーフェンダーを装備している。インテリアは4座席ともフルバケットシートを装備。

レクサス初のバッテリーEV専用モデル「RZ」をベースに、前後アクスルに150kWの高出力モーターを搭載することでパワフルな走行性能を目指したほか、車高を35mmローダウン、さらに専用のエアロパーツ、インチアップタイヤ、4座フルバケットシートを装着。RZの開発に携わってきたレーシングドライバー佐々木雅弘選手の監修により走行性能の向上やカスタマイズする楽しさを提案するモデルとしている。

エクステリアカラーは、純白をベースに、光に当たると繊細に輝く質感を追求した「HAKUGIN」を採用し、バッテリーEVのクリーンさと走行性能の高さを想起させるブルーのアクセントカラーを取り入れることで、スポーティな印象になっている。

LX600“OFFROAD”TEAM JAOS 2022 ver.

2022年の「バハ1000」エンデュランスレースに参戦したTEAM JAOS(ジャオス運営)の「LX600“OFFROAD”TEAM JAOS 2022 ver.」を出展。BAJA1000は、スタートからゴールまで約1000マイル(約1600km)のオフロードをノンストップで駆け抜けるという過酷さから、完走率は毎年僅か50%未満、完走した者は「全員が勝者」とも言われている世界屈指の過酷なオフロードレースだ。

参戦車両は、エントリーした「ストックフルクラス(市販車無改造クラス)」の規定に則り、安全面の強化などを中心にカスタマイズとチューニングを行っている。TEAM JAOSによるBAJA1000へのチャレンジは3ヶ年計画の予定で現在も進行中。レースでの経験値を積み重ねることで参戦車両を進化させて行くという。

レクサス 関連記事
レクサス 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る