レクサス シャシーの改良など「LC」を一部改良

レクサスは2021年9月30日、「LC」を一部改良したと発表しました。発売は11月以降の予定です。

LC500コンバーチブルe(ホワイトノーヴァガラスフレーク)(左)とLC500(ラディアントレッドコントラストレイヤリング)。いずれも北米仕様

今回、クーペモデル(LC500h/LC500)の一部改良は、乗り味の向上など、基本性能のアップグレードを図っています。具体的には、コイルスプリング、スタビライザーの諸元やショックアブソーバーの制御を最適化することで、タイヤの接地感を高め操舵入力に対する車両応答のリニアリティと高い旋回G領域でのコントロール性を向上させています。

レクサス・ダイナミック・ハンドリングシステム(LDH)装着車では、VGRS(可変ギヤレシオ)、DRS(リヤ操舵)制御を最適化することで、レスポンスがよく軽快感ある走りを実現。低速から高速まで、車両姿勢の適正化とコントロール性を両立する事で、操る楽しさと安定感を向上させています。

LC500h“L package”(テレーンカーキマイカメタリック)

エクステリアカラーは、全LCモデル(クーペ/コンバーチブル)に「ソニックイリジウム」を新規設定。また、コンバーチブルモデルに続き、「テレーンカーキマイカメタリック」をクーペモデルにも追加設定しています。

さらに、クーペモデルのLC500h/LC500“L package”には、「ポリッシュ仕上げ+ブラック塗装」を施した21インチ鍛造アルミホイールを標準装備としています。

価格

レクサス LC 関連記事
レクサス 関連記事
レクサス 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る