レクサス ミッドサイズ・セダン「ES」をマイナーチェンジ

レクサスは2021年8月26日、ミッドサイズのセダン「ES」をマイナーチェンジし、発売しました。

ES300h ”version L”

今回、マイナーチェンジを受けたESは、優れた静粛性と乗り心地のさらなる向上を狙い、上質な快適性を熟成しています。また、あらゆる走行シーンで減速、操舵、加速がシームレスに繋がる気持ち良さなど、ドライバーの意図に忠実でリニアな応答も追求。

ES300h “version Lのインテリア

そのためリヤ・サスペンション・メンバーブレースの剛性を高め、高速でのレーンチェンジなどで操縦安定性を向上。また“F SPORT”には新型の可変制御アクチュエーターを用いた最新の可変減衰制御ダンパー(リニアソレノイド式AVS)を採用することで、減衰力の低減や可変幅を拡大することで上質な乗り心地と操舵応答性の向上を両立しています。

ES300h ”F SPORT”
ES300h ”F SPORT”のインテリア

電子制御ブレーキシステムは制御プログラムをチューニングし、コントロール性を向上。また、ペダルパッドの形状変更により、足裏との接触範囲を拡大しています。さらにブレーキペダルのリンク構成内のブッシュ取り付け方法を見直し、ペダルの横方向の剛性感を向上させ、より安心感のあるブレーキとしています。

機能を拡大したプリクラッシュセーフティ

もちろん最新のLexus Safety System+などの先進安全技術も採用。単眼カメラ+ミリ波レーダーの組み合わせで、より対物検知性能を向上。またES独自の装備であるデジタル・アウターミラー、インナーミラーのカメラの性能を向上させ、より視認性を高めています。

カメラ性能の向上により視認性を高めたデジタル・アウターミラー

さらに上級モデルで採用されているブレードスキャン式のアダプティブハイビームシステム(AHS)を新採用しています。

ブレードスキャン式のアダプティブハイビームシステム(AHS)

デザイン面ではヘッドランプやフロントグリルの意匠を変更。内装では新開発のインテリアカラーを新採用しています。

価格

レクサス ES 関連記事
レクサス 関連記事
レクサス 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る