ダイハツ アルティスの内外装意匠の質感を向上し、快適装備を追加

altis_151006001
ダイハツは2015年10月6日、普通乗用車のアルティスを一部改良し、同日から全国一 斉に発売した。今回の改良ではフロントグリルの色を濃緑から黒に変更。リヤバンパーメッキモールを追加している。またレジスター上部のメッキ加飾を廃止して、左右下部からのL字型のメッキ加飾に変更。シフトレバーのブーツ化を施し、ウインドシールドガラスとフロントサイドガラスにIRカット機能を追加。運転席)サンバイザーにカードホルダーを追加している。

なお現行アルティスはトヨタ自動車からのOEM供給を受けて、ダイハツ初のハイブリッドセダンとして2012 年 5 月に発売。ハイブリッドGパッケージというモノグレードでの展開に変更はなく、今回の改良でメーカー希望小売価格(消費税込み/リサイクル料金は含まず)は342万7527円(北海道地区は2万1600 円高)に改訂された。

ダイハツ アルティス 関連記事ダイハツ 関連記事
ダイハツ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る