ダイハツ CATLと戦略的協力 BEV用バッテリーを安定供給へ

ダイハツは2022年11月11日、リチウムイオン電池生産で世界第1位のCATL(寧徳時代新能源科技:中国)と日本でのeモビリティを促進するためのバッテリー供給とバッテリー技術に関する戦略的協力の覚書提携を合意したと発表した。

この契約により、CATLは小型車を得意とする日本で最も歴史ある自動車メーカーの一つであるダイハツの電気自動車にBEV用バッテリーを安定的に供給することになる。

またCATLとダイハツは、両社の技術を結集することで、CTP(Cell-to-Pack)やBMS(バッテリーマネジメントシステム)などの高度なバッテリー技術の実現に取り組む予定としている。

CATLのハイレベルなバッテリーにより、ダイハツは日本だけでなく新興市場でも、高品質で手頃な価格のBEVが生産できるようになる。そしてこの協力により、ダイハツは電動化への移行が加速し、長期的にはカーボンニュートラル達成に寄与することができるとしている。

このパートナーシップは、CATLのグローバル展開にとっても一つの重要なステップとなり、日本や東南アジアを含む市場で種々の協力を模索できるようになり、eモビリティへの移行とカーボンニュートラルの目標に向けてグローバルに展開して行くことが想定されている。

ダイハツはトヨタ、パナソニック合弁のプライムプラネットエナジー&ソリューションズ(PPES)ではなく、世界No1のCATLとの提携を選択したことは興味深い。

CATL 公式サイト

ダイハツ 関連記事
ダイハツ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る