フォルクスワーゲン「T-Cross」にもトラベルアシストを搭載

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは2021年9月2日、シリーズの中で最も小さなコンパクトクロスオーバーSUV「T-クロス」のオプションパッケージの仕様変更を行ないました。

T-クロスTSIスタイル

今回の仕様変更は、人気オプションの「テクノロジーパッケージ」(8万8000円)に新たに最新の同一車線内・全車速運転支援システム「Travel Assist」を追加し、より安全性の強化を図っています。

この運転支援システムは0-210km/hの範囲でドライバーが予め設定した車速で前走車との車間、走行レーンの維持をサポートします。ステアリングホイールに設置されているボタンを押すだけでシステムを起動することができ、高速道路などの長距離移動において安全性の向上と疲労の軽減に効果を発揮します。

システムを起動中はステアリングホイールには静電容量式センサーを採用することで、軽く手を添えるだけで同システムの継続的な作動が可能となり、大幅に快適性が向上しています。

また、ナビゲーションシステム「Discover Mediaパッケージ」は、今回の仕様変更により、新たに9.2インチの大型モニターを搭載した「Discover Proパッケージ」(15万4000円)へとアップグレードされています。従来と異なり一面フラットでさらに大きくなった画面で、今まで以上に視認性が向上しています。

なお今回の仕様変更と同時に、インテリア、エクステリアにも変更が加えられています。インテリアでは、2021年より他のモデルに順次採用しているタッチコントロール式 エアコンディショナーパネルを新たに採用し、スタイリッシュなインテリア空間となっています。

また、エクステリアでは、新たにスモーキーグレーメタリック、アスコットグレーの2色のボディカラーを追加設定し、全8色のカラーラインアップが展開されることになりました。

価格

フォルクスワーゲン T-クロス 関連記事
フォルクスワーゲン 関連記事
フォルクスワーゲン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る