フォルクスワーゲン「T-Roc」マイナーチェンジでインテリア一新 待望の「R」も登場!

フォルクスワーゲン ジャパンは2022年7月25日、クロスオーバーSUVの「T-Roc(ティーロック)」をマイナーチェンジして発売した。今回のマイナーチェンジに合わせてハイパフォーマンスモデルとして、2.0TSIエンジンを積んだ「R」をT-Rocシリーズに日本初設定しており、シリーズで全5グレードとなっている。

T-Roc TSI/TDI Style

「T-Roc」は、ヨーロッパでデビューから4年で全世界累計販売台数が100万台を超えるクロスオーバーSUVのベストセラーモデルの一つとなっている。日本では2020年7月に導入を開始し、2021年の年間の登録台数は7241台となり、輸入車SUVカテゴリーにおいて「T-Cross」に次いで第2位となっている。特徴的なエクステリア・デザインや2トーンカラーが選択できる幅広いカラーバリエーションなどデザイン面でも高い評価を得ている。

マイナーチェンジを受けた「T-Roc」は、ダッシュボードやドアトリムにステッチを施したソフト素材やレザレットを新たに採用するなどのインテリアの改良により、質感が大幅に向上しているのがポイントだ。

T-Roc Styleのインテリア

また、インフォテイメント・ディスプレイはタブレットのように配置され、全グレードに標準装備されるデジタルメーターやタッチコントロール式のエアコン操作パネル、さらに新デザインのステアリングホイールなどにより、モダンで先進的なインテリア空間に進化している。

エクステリア・デザインも刷新され、クロスオーバーらしさをより強調している。前後バンパーのデザイン変更により表情豊かなフロントデザインと力強いリヤデザインとなり、ライト回りのデザインも刷新されている。

フロントグリルにはエンブレムを挟んで左右に一本LEDストリップが設置された他、フロントエプロンには新デザインの六角形のデイタイムランニングライトが装備され、T-Rocが持つ革新的なイメージをより強調している。

T-Roc R

また、今回のマイナーチェンジに合わせハイパフォーマンスモデルとして、「R」を日本に初めて導入している。近年のSUVブームの中で、ハイパフォーマンスSUVモデルは存在感を高めており、中でも輸入車マーケットにおいては、各セグメントにハイパフォーマンスSUVモデルがラインアップされている。

超高性能モデル「T-Roc R」

そのような市場動向の中、昨年日本初導入し、高い評価を得ている「ティグアン R」に続き、よりも小さいクロスオーバーSUV「T-Roc」のハイパフォーマンスモデル「R」を初設定している。

新型「T-Roc R」は、フロント、リヤが専用デザインとなり、19インチ・アルミホイール、ブルーにペイントされた大型ブレーキキャリパーなど、専用アイテムを多数装備している。

300ps/400Nmを発生する2.0 TSIエンジン

パワートレーンは300psを発生する2.0 TSIエンジンを搭載し、2000rpm〜5200rpmという幅広い回転域で400Nmの強大なトルクを発生。動力性能は0-100km加速は4.9秒、最高速度は250km/h(リミッター作動)。トランスミッションは7速DSG、4輪駆動(4Motion )のハイパフォーマンスSUVで、上級クラスのを圧倒する高性能を備えている。

また新型「T-Roc」は最新の運転支援システムや快適装備を標準装備としており、フォルクスワーゲン最新の同一車線内全車速運転支援システム「Travel Assist」も採用されている。またドライバーが以上になった場合に停車を支援する「Emergency Assist」、安全な駐車をサポートする駐車支援システム「Park Assist」なども全車標準装備となっている。

インフォテイメントは、9.2インチの大型モニターを搭載した純正インフォテイメントシステム「Discover Pro」を採用した他、デジタルメーターやタッチコントロール式エアコンディショナーパネルを採用するなど先進的なインテリアとなっている。

グレード展開は、最新の運転支援システムが標準装備とした「TSI Active」がエントリーグレードで、LEDマトリックスヘッドライト「IQ.LIGHT」やパワーテールゲートを標準装備した「TSI Style/TDI Style」、R-Line専用エクステリアやスポーツシートを装備し、18インチアルミホイールを装着した「TDI R-Line」、そしてT-Rocで唯一フルタイム4輪駆動「4MOTION」を採用し、アダプティブ・シャシーコントロール「DCC」を標準装備、内外装でスポーティーな専用の内外装に加え、専用のスポーツ・サスペンションにブルーでペイントされたブレーキキャリパーを装着したハイパフォーマンスモデル「R」の合計5グレードのラインアップだ。

ボディカラーは新色のペトローリアムブルーメタリックの他に、アスコットグレーやパイライトシルバーメタリック、キングズレッドメタリック(有償オプションカラー)に加え、新型「T-Roc R」専用色として、ラピスブルーメタリック(有償色)を含む全9色展開。ボディカラーによって、ルーフカラーをブラックもしくはホワイトに選択する事も可能で、全部で14通り組み合わせの中から選択できる。

主要諸元と価格

フォルクスワーゲン T-Roc 関連記事
フォルクスワーゲン 関連記事
フォルクスワーゲン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る