【東京オートサロン2022】フォルクスワーゲン エッティンガー仕様の「ゴルフ GTI」などを出展

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2021年12月22日、幕張メッセ(千葉県千葉市)で2022年1月14日~16日に開催される「東京オートサロン2022」へ4年ぶりに出展すると発表した。

ブースでは、ホットハッチの代名詞と言われる「GTI」の象徴カラーである「赤」を使用して、GTIブランドに親しみを感じられるような新たな楽しみ方を提案する。

モデルは「GTI」の象徴カラーである赤をエクステリアカラーにした新型「ゴルフ GTI」の他、今後発売予定のフォルクスワーゲン本社のアクセサリー部門がドイツの老舗チューナー「エッティンガー」」と共同開発したボディパーツを装着した新型「ゴルフGTI」の合計2台を展示する。

またブースでは、GTIオリジナルグッズがもらえるプレゼントキャンペーン(数量限定)や、フォルクスワーゲン・アカデミー公認トレーナーによるトークショーの他、第42回日本カー・オブ・ザ・イヤーで受賞した「2021-2022インポート・カー・オブ・ザ・イヤー」のトロフィーを展示する。

フォルクスワーゲン 関連記事
フォルクスワーゲン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る