「フォルクスワーゲン グループ ジャパン」が4ブランドを統合する新体制に

フォルクスワーゲン グループ傘下で、フォルクスワーゲンAGの日本法人であるフォルクスワーゲン グループ ジャパンと、アウディAG のインポーターであるアウディ ジャパンは、2022年1月1日(予定)を効力発生日として、フォルクスワーゲン グループ ジャパンを存続会社とした吸収合併を行なうと発表した。

これまではフォルクスワーゲン グループ ジャパンがフォルクスワーゲンとベントレーを輸入、販売し、一方のアウディ ジャパンがアウディとランボルギーニを輸入、販売する形になっているが、ドイツ本社のグローバル戦略に従ってフォルクスワーゲン、アウディ、ベントレー、ランボルギーニの4ブランドを一つの法人の下に再編することになった。

今後、フォルクスワーゲン グループジャパンには各ブランドを担当するブランド ディレクターが就任し、その指揮の下で活動を行なうことになっている。

2022年1月1日に予定されている合併の後、現在のフォルクスワーゲン グループ ジャパンの代表取締役社長であるマティアス・シェーパースは、その職を継続しながら、アウディ ジャパンのブランド・ディレクターを兼任する。

ベントレー モーターズ ジャパン、ランボルギーニ ジャパンは引き続き、それぞれのブランド責任者である牛尾裕幸とダビデ・スフレコラがブランド・ディレクターとなる。

フォルクスワーゲン ジャパンのブランド・ディレクターは、現在フォルクスワーゲン グループ イタリアでセールス ディレクターを務めているアンドレア・カルカーニが2022 年1月1日付けで就任する予定だ。

フォルクスワーゲン 関連記事
フォルクスワーゲン 公式サイト

フォルクスワーゲン グループ ジャパン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る