ボルボ 電動化戦略のロードマップ 48Vマイルドハイブリッド「XC60」「XC90」を発売

ボルボ・カー・ジャパンは2020年4月23日、ボルボでは初となる48Vマイルド・ハイブリッド「B5」を「XC60」、「XC90」に追加し発売しました。また、同時に「XC90」に限定車「XC90 B5 AWD ノルディック・エディション」 を設定し発売しました。

「XC60 B5 AWD インスクリプション」(左奥)と特別限定車「XC90 B5 AWD ノルディック・エディション」

48Vマイルドハイブリッド

ボルボ・カーズは、2025年までに世界販売台数の50%を電気自動車、残りをハイブリッド車(PHEV、48Vマイルドハイブリッド)とする目標を掲げており、その計画に従い、今回48Vハイブリッドのパワートレーンが登場しました。

今回導入される「B5」パワートレーンは、ISGM(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター・モジュール)を搭載し、回生ブレーキで発電した電力を48Vリチウムイオン・バッテリーに蓄電し、エンジンの始動や駆動アシストを行なうハイブリッド・システムです。

XC90 B5 AWD

このシステムにより、スターターモーターではなくISGMを使ったエンジン始動では、アイドリングストップ後の再始動時におけるノイズやバイブレーションも大幅に低減することができます。

第3世代の「Drive-E(ドライブイー)」エンジン

今回の「B5」ユニットとして搭載される「ドライブ-E」エンジン本体にも大幅な改良が行なわれました。大きな改良点はシリンダー表面処理を改良し、摩擦抵抗を低減させ、さらに気筒休止機構(CDA)が新たに採用されました。これらの改良により低負荷状態では2気筒での走行が可能となり、上質な走行フィーリングと実用域での燃費を向上を両立させています。

XC90B5のインテリア

また、エンジンパフォーマンスに影響を与えることなく、車内外の騒音レベルを抑えるために、エキゾーストシステムをはじめ様々な改良も行なわれています。

この他に、今回からXC60のトランスミッションのギヤセレクターがバイワイヤー化され、「XC60 B5 AWDインスクリプション」にはスウェーデン・オレフォス社のクリスタルガラス・シフトノブが採用されています。

100台特別限定「XC90 B5 AWDノルディック・エディション」

「XC90 B5 AWDノルディック・エディション」は「XC90 B5 AWD モメンタム」をベースに、人気オプション「パノラマ・ガラス・サンルーフ」や「ハーマン/カルドン・プレミアムサウンド・オーディオシステム」、そして通常のモメンタム・グレードには設定のない専用20インチ・アルミホイールを装備し、またスカンジナビアン・デザインを感じさせるリニア・ウォールナットウッドパネルなどカラーコンビネーションの内外装を設定したディーラー特別限定車を販売します。

XC90 B5 AWD ノルディック・エディション

XC90 B5 AWD ノルディック・エディションのカラー組み合わせ
XC90 B5 AWD
XC90 B5 AWD
XC90B5のインテリア
XC90B5のインテリア
XC90 B5 AWD ノルディック・エディション
モメンタム・グレードには設定のない専用20インチ・アルミホイールを装備

価格

ボルボ XC60 関連記事
ボルボ XC90 関連記事
ボルボ 関連記事
ボルボ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る