ボルボ 新型プレミアム・コンパクトSUV「XC40」を正式発表 パワーユニットはT4、T5の2種類

2018年3月28日、ボルボ・カー・ジャパンは、プレミアム・コンパクトSUV「XC40」を正式発表した。新型「XC40」は既報 のように1月26日から全国300台の限定モデル「XC40 T5 AWD R-Design 1st Edition」の受注を開始し、3月時点で完売状態となっている。

ボルボ XC40 フロントイメージ

新型XC40は、新開発の小型車向けプラットフォーム「CMA(コンパクト・モジュラー・アーキテクチャー)」を採用した、都市型のライフスタイルにマッチする、コンパクトSUVだ。この新型XC40は、初期導入モデルの「T5 AWD R-Design 1st Edition」以外のカタログモデルは初夏頃からデリバリーが開始される予定となっている。

ボルボ XC40 サイドビュー

■斬新なデザインと卓越した機能性を両立
上級のXC60、XC90とは異なるスポーティでカジュアルなエクステリアと、車内の収納スペースを重視したユニークなインテリアを採用。最新の先進安全・運転支援技術として、ボルボ初となる「オートブレーキ機能付CTA(クロス・トラフィック・アラート)」をはじめ、16種類以上の先進安全・運転支援技術「インテリセーフ」を標準装備している。

自動運転「レベル2」相当のパイロット・アシストを標準装備し、全車速追従機能付ACCを設定。130km/h未満の速度域で作動する「パイロット・アシスト」は、車線の中央を保持できるよう支援。この機能は渋滞中でも車線を維持するようにステアリング操作をアシストし、先行車や隣接車線の他車と接触するリスクを低減させてドライバーの負担を軽減する。

ボルボ XC40 コックピット

エクステリアは、個性的なファッションや建築、新しい文化をベースにした刺激に満ちた都市生活を反映した洗練されたデザインだ。もちろんSUVらしい高い地上高と大径アルミホイールがもたらす、力強いプロポーションにより、コンパクトながらSUVらしい存在感を打ち出している。

インテリアも独自のもので、機能面では多くのドライバーが使い勝手の面で不便を感じているスマートフォンやタブレット、バッグ、ティッシュボックスなどを置く最適なスペースを設定。またスマートフォンの充電ケーブルが邪魔になることなど、車内での不満を解決するためにインテリアデザインを最適化している。

この結果、グローブボックスにバッグが掛けられるリトラクタブルフックの追加、低音用スピーカーをダッシュボード側に移動することで、大型のペットボトルと、ノートパソコンも収納できる大容量ドアポケット、スマートフォンを置くだけで充電できる「ワイヤレス・スマートフォン・チャージ」を採用するなど、日常生活で使いやすい実用性に優れたインテリアデザインとしている。

容量のラゲッジスペースには、折りたたみ可能なラゲッジフロアや、大きな荷物を積む際に不要となるラゲッジカバーを床下に収納できるなど、多くのアイデアを採用して使い勝手を向上させている。

ボルボ XC40 ラゲッジスペース使用イメージ

インフォテイメントシステムは「SENSUS(センサス)」を搭載。インパネ中央に配置された9インチの大型センターディスプレイは、赤外線方式タッチスクリーンを採用し、北欧生まれらしく手袋をしていても操作が可能。またドライバーが走行中に必要な情報は、12.3インチ・ドライバー・ディスプレイ(メーターパネル)にも表示される。

またこの「SENSUS」は、音声認識機能により視線の移動をすることなく、ナビゲーションの目的地の設定やエアコンの温度調整、メディアの操作など、幅広い操作を音声で行なうことができる。さらにAppleのCarPlayとGoogleのAndroid Autoに対応(ベースグレードはオプション)している。

オーディオシステムは、力強い低音を再生する「エアウーファーテクノロジー」を標準装備。通常はドア下部に装備されるスピーカーをダッシュボード奥に設置することでキャビン内の収納スペース確保も実現。また、より高音質な「ハーマン・カルドン・プレミアムサウンド・オーディオシステム」も設定(Inscriptionグレードに標準装備、その他グレードはオプション)している。

■T4、T5の2種類のエンジンを設定
新型XC40は燃費効率とパフォーマンスを両立する新世代パワートレーン(Drive-E)として、出力違いの「T4」、「T5」2種類の2.0L 4気筒直噴ターボエンジンを搭載。「T4」は190ps/300Nm、「T5」は252ps/350Nmだ。

駆動方式は、「T4」エンジン搭載車はAWDとFFモデルも設定。「T5」エンジン搭載車はAWDのみの設定になっている。トランスミッションは、8速ギヤトロニック付オートマチック・トランスミッションを採用し、なめらかな変速動作とダイレクト感のある走りを実現。なお、将来的には、電動化パワートレーン、プラグインハイブリット、EVモデルも追加される予定だ。

ボルボ XC40 カラーバリエーション モデルラインアップ
ボルボ XC40 諸元表
ボルボ XC40 価格表

ボルボ XC40 関連情報
ボルボ 関連情報
ボルボ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る