ボルボの電気自動車「C40」サブスク第2弾スタート

ボルボ・カー・ジャパンは2023年1月10日、電気自動車「C40」導入時に行なったサブスクリプションの第2弾として、再び「C40」を対象に1月18日から申し込み受付を開始する。

前回は100台限定でサブスクを実施し、想定を超える575件もの応募があった。その内訳はボルボ所有者以外が6割を超え、さらにはクルマ自体を保有していない人の応募が1割に達するなど、今までのボルボユーザーとは異なるゾーンの興味、関心を集めた。

今回の対象車両は、C40 Recharge Ultimate Twin Motorで、ボディカラーはクリスタルホワイト。インテリアはテイラード・ウール・ブレンドシート、クリスタル・シフトノブやピクセルLEDライトを装備した仕様となっている。

サブスクリプション・サービスのため申込金や頭金不要で、車両保険を含む任意保険、通常のメンテナンスプログラムに加え、サブスクリプション・オリジナル補償、ドライブレコーダーが装備されている。契約期間は最長36ヶ月。利用者の都合に合わせ、3か月前の申し出で、ペナルティ無しで解約することもできる。サブスクリプション価格は、月額16万5000円(消費税込)。

ボルボ・カー・ジャパンは「所有する」から「使用する」新しいクルマの乗り方の提案として、すべての必要なものが含まれ、毎月決まった出費で、使いたい期間だけ使える、自由度のあるサブスクリプションを推進していく方針だ。

今回の申し込みは先着順となり、2023年1月18日から特設オンラインサイトで申し込みを受け付ける。応募者に対して、5日前後にメールにて審査結果を通知し、納車は2023年3月以降が予定されている。

サブスクリプション申し込みサイト:https://jp.volvocars.com/jp/electric/2023-c40-electric-campaign/

なおボルボ・カー・ジャパンは今回のサブスクリプション第2弾の結果を踏まえ、近い将来サブスクリプションプランの通年ラインナップを検討している。

また、ボルボ・カーズはグローバルで電気自動車(BEV)の販売をオンラインで行なっており、日本でも現在C40、XC40のBEVの2モデルをオンライン販売している。オンライン販売は、ホームページ上で、いつでも、どこからでも、好きな場所から、好きな時間に、購入希望車の仕様の選定から、見積もり、購入リクエストまで行なうことができる。

オンライン販売に合わせ、ボルボ・カスタマーリレーションセンター(CRC)が稼働しており、CRCは朝9時から夜9時まで、年中無休で顧客の質問に回答し、オンラインでの購入体験をサポート。また、下取り車の査定や購入契約、登録や納車等ディーラーで行なわれる、いわゆるオフラインの購入体験がスムーズに行われるようサポートしている。

ボルボ C40 関連記事
ボルボ 関連記事
ボルボ ジャパン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る