ボルボ「C40 Recharge」にシングルモーターのFFモデル追加

ボルボ・カー・ジャパンは2022年3月18日、電気自動車の「C40 Recharge」のラインナップに、シングルモーターの前輪駆動モデルを追加すし、同時に一部仕様を変更し、4月21日からオンラインストアでの販売を開始すると発表した。なお、今回発表するモデルのデリバリーは本年秋の予定となっている。

左奥が追加されたC40 Recharge Plus Single Motor、手前がC40 Recharge Ultimate Twin Motor

C40 Rechargeは2021年11月に国内発表されたボルボが初となる日本国内で販売する電気自動車で、クーペとSUVが融合したスタイリッシュなクロスオーバーのデザイン、完全なレザー(本革)フリーインテリア、リサイクル素材の積極的な採用など先進的なモデルである。日本導入を記念し、100台限定のサブスクリプション・キャンペーンを実施し、販売予定台数の約6倍の申し込みを獲得するなど、大きな注目を集め多モデルだ。

今回の仕様変更では、より幅広い要望に応えるため、前輪駆動のシングルモーターモデル「C40 Recharge Plus Single Motor」を新たにラインナップに追加した。

容量69kWhの駆動用リチウムイオンバッテリーにより前輪のモーターを駆動し、EV走行距離は434km(ヨーロッパWLTPモード)となっている。

なお従来からの4輪駆動のツインモーターモデルはモデル名を「C40 Recharge Ultimate Twin Motor」へ変更し、従来標準装備としていたピクセルLEDヘッドライトがオプション装備となり、プライスダウンしている。ツインモーターモデルには、新たにオレフォス社製クリスタル・シフトノブが装着されるテイラードウールブレンドシートの内装仕様がオプションとして追加設定された。

さらに、C40 Recharge全車のルーフピラー、ルーフスポイラーがボディカラーと同色化され、さらにボディカラーにオニキスブラックメタリックが追加されている。

価格


ボルボ C40 Recharge関連記事
ボルボ 関連記事
ボルボ ジャパン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る