ボルボとエピック・ゲームズがコラボ!車内でこれまでにない高品質な映像を実現へ

ボルボ・カーズ本社は2022年6月1日、エピック・ゲームズ社のゲームエンジンを使用し、次世代のボルボ車にリアルタイムの高速・高精細ビジュアル技術を導入する計画を発表した。

ボルボとエピック・ゲームズ(Epic Games)とのコラボレーションにより、よりリアルで高精細なビジュアル化技術を次世代電気自動車に搭載する予定だ。具体的にはエピックのゲームエンジンUnreal Engineを次世代ボルボ車に搭載し、車内で比類ない高品質な映像を実現しようということだ。

エピック・ゲームズは、世界最大級のゲーム「フォートナイト」でよく知られているインタラクティブ・エンターテイメントとソフトウェアの大手企業だ。エピック・ゲームズはゲームに限らず、様々な業界で使用されている最先端のリアルタイム3D制作ツールであるUnreal Engineも開発しており、今回ボルボ・カーズが車内のデジタル・インターフェースの開発や車内のリアルタイムのグラフィックスのレンダリングに使用することになる。

ボルボ・カーズは、ヨーロッパの自動車メーカーとしては初めて、ヒューマン・マシン・インターフェイス (HMI)の開発に Unreal Engineを使用することになる。具体的には、ドライバーに関連情報やインフォテインメント機能を提供する車内ディスプレイのひとつであるドライバー・インフォメーション・モジュール (DIM)に採用する予定としている。

次世代のボルボ車では、これらのディスプレイで圧倒的に高品質な描画性能を目にすることができる。よりシャープな輪郭、豊かな色彩、全く新しい3Dアニメーションにより車内のグラフィックの限界を打ち破ることになる。

ボルボ・カーズの最高製品責任者であるヘンリック・グリーン氏は、「お客様に最高のユーザー体験を提供し、安全でパーソナルなドライブに貢献するためには、車内に豊かで没入感のある、反応の良いビジュアライゼーションが必要です。Unreal Engineを車両に搭載することでこれを実現し、ボルボの車内で過ごす時間をより楽しいものにすることができます」と述べている。

Unreal Engineを第3世代のスナップドラゴン・コックピットプラットフォームの高性能コンピューターと組み合わせることで、次世代のボルボ車は、グラフィックスとインフォテインメントシステムの性能における新しい基準を打ち立てることになる可能性がある。

ボルボ・カーズの次世代インフォテインメントシステムは、先代に比べて2倍以上高速化され、車内のグラフィックス生成と処理は最大で10倍高速化される予定だという。

エピック・ゲームズのUnreal Engineの自動車&HMI担当ディレクターであるハイコ・ウェンシェル氏は、「リアルタイムで動作するインタラクティブな高解像度グラフィックを車内に持ち込むと、車内にいるすべての人に情報を提供し、楽しませる、膨大な数の新しい方法への扉が開かれます。ボルボ・カーズの才能溢れるデザインチームと製品開発チームは、この機会を捉えて、Unreal Engineの機能を活用したエキサイティングな新機能で進化し続ける、斬新なものを作り上げました」と語っている。

新たなグラフィックが初めて搭載されるのは、ボルボ・カーズが今年後半に公開する、新型の電気自動車のフラッグシップモデルだ。このモデルは、2030年までに電気自動車のみを販売することを目指す、ボルボの新世代となる電気自動車の最初のモデルと位置付けられており、インフォテイメントの分野でも世界のリーダーを目指しているのだ。

もちろん将来的には、Unreal Engineがインフォテイメントだけではなく他の技術分野を発展させる機会にもなる。ボルボ・カーズの開発者は、安全性を常に念頭に置きながら、このプラットフォームやその他のソフトウェア主導の技術プラットフォームの新しい用途を探求して行くことになるだろう。

ボルボ・カーズは、20年代半ばまでに車内のソフトウェアの半分を自社開発するという高い目標を掲げており、ソフトウェア開発部門に広く人材を募集している。ボルボ・カーズに入社することで、プログラム作成の才能ある人材は、エキサイティングで画期的な新しい車載アプリケーションやプラットフォームに携わる数多くの機会を得ることができるだろう。

ボルボ 関連記事
ボルボ ジャパン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る