ボルボの車内は空気がクリーン!PM2.5の濃度も測定可能

ボルボ・カーズ本社は2022年5月19日、最先端の空気清浄化技術によって車内の空気の質を向上し、最新の車種ではユーザーがよりきれいな空気を吸えるようにする取り組みを行なっていることを発表した。

世界保健機関(WHO)と世界アレルギー協会のデータによれば、アレルギー、喘息、大気汚染は、世界中の何億人もの人々に悪影響を及ぼしている。ボルボ・カーズは、きれいな空気は個人の健康と安全の観点から大きなメリットをもたらすと確信し、車両の開発とともにこの分野のさらなる改善を続けているのだ。

90シリーズ、60シリーズの新型車に搭載された最新の空気浄化技術の一部であるアドバンスト・エア・クリーナー(40シリーズ以上に標準装備、またはオプション設定)は、アレルギー基準協会(ASL)によって、流入する空気から草木や雑草の花粉アレルゲンを最大99.9%除去し、喘息やアレルギーに効果があると認定された。

ボルボ・カーズで乗員の健康効果専門家であるマリア・ベルナンダー博士は、「ボルボ車の車内の空気の質を改善することで、大気汚染、アレルギー、微粒子などに関連する健康への悪影響を減らすことに貢献します。乗員各員の健康効果に加え、よりクリーンな空気は、ドライブ中の集中力を高めることができることが研究で示されています」と語っている。

さらに、最新のボルボ車のドライバーは、車のセンターディスプレイに実際の屋外の花粉や大気質のレベルを示すライブデータを利用して、車内の空気を浄化するかどうかを判断することができるようになっている。この自社開発アプリにより、ボルボ・カーズは自動車メーカーとして初めて、ドライバーに屋外の花粉レベルをライブデータで提供することできようになった。

最新の空気清浄技術を搭載したクルマには、世界初となるセンサーが搭載され、車内のPM2.5濃度を測定し、ユーザーは車外の濃度レベルと比較することができるようになっていいる。

そのため、ボルボ・カーズのアドバンスト・エア・クリーナーは、合成繊維ベースのフィルターとイオン化により、60シリーズと90シリーズではPM2.5粒子の最大95%を車室内に侵入することを防ぐことができる。

さらに、アドバンスト・エア・クリーナーは、エアフィルターを介して車内に侵入しようとする空気中のウイルスを97%以上も除去し、車内の既存のウイルスレベルも最大95%除去することができるのだ。

ボルボ 関連記事
ボルボ ジャパン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る