ボルボ 認定中古車用の「セレクトスマボ」が手頃な月額で利用可能に

ボルボ・カー・ジャパンは2020年2月19日、ボルボ車のサブスクリプション(定額払い)プランである「SMAVO(スマボ)」シリーズが高評価を受け、2020年1月の契約実績が新車販売の約9%を記録したと発表。サブスクリプション・システムが受け入れられていることを示した。

*ボルボ サブスクリプション「スマボ」を全車種に拡大:https://autoprove.net/volvo/188947/

ボルボ・カー・ジャパンによれば、3年契約で2年後から乗り換え可能な「SMAVO 2/3」、5年契約で3年後から乗り換え可能な「SMAVO 3/5」の契約者は、30〜40代が約4割、個人による契約比率が約7割を占めるという結果で、既存リース商品と比べ個人比率が高く、ボルボ全購入者の平均年齢より若いユーザー層になっているという。

また、ボルボ認定中古車の「SELEKT(セレクト)」を対象とした「SELEKT SMAVO(セレクトスマボ)」は、2018年2月から認定中古車向けサブスクリプションプランとして運用を開始しているが、今回、適用する車両の条件を緩和することでより手頃な月額料金で認定中古車に乗ることができるようになったことも発表した。利用条件は以下の通り。

Twitter:https://twitter.com/autoprovenet
facebook:https://www.facebook.com/autoprovepage/
Youtube:https://www.youtube.com/user/autoprove/

ボルボ 関連記事
ボルボ公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る