ポルシェ スポーツ性とエレガントさを併せ持つ8代目「911タルガ」登場

ポルシェ本社は2020年5月18日、タイプ992をベースにした8代目「911タルガ4」と「911タルガ4S」を発表しました。これに合わせポルシェ・ジャパンはこの両モデルの予約受注を開始しました。

911タルガ4S(左)と911タルガ4

ポルシェらしいタルガトップとその特長

911タルガの特長として第一に挙げられるのは全自動ルーフシステムです。1965年に誕生した伝説的な初代タルガ モデルと同様に、新型タルガも独特のCピラーのタルガバーと、フロントシート上方の可動式ルーフ、そしてラップアラウンド型のリヤウィンドウを備え、ルーフの開閉に要する時間はわずか19秒です。これによりカブリオレが持つオープントップの気持ちよさと、クーペならではの日常的な快適性、安全性という2つの世界を融合させています。

911タルガ4S

 

911タルガのエクステリアは、タイプ992のデザイン要素を盛り込み、先代モデルと比べてより強調されたフロントのタイヤハウスとLEDヘッドライトを備え、その間にある初代911のデザインを想起させる独特の凹みを持つボンネットで構成されています。

 

リヤは幅広で可変展開式のリヤスポイラーとシームレスに統合されたエレガントな水平のライトバーが特長的。フロントマスク、リヤエンドを除きアウターパネルはすべてアルミ製です。

 

インテリアは911カレラと相似しており、直線的なダッシュボードのラインと奥まったメーターパネルが特長で、1970年代の911モデルのデザインをイメージさせます。

 

ポルシェの特徴である中央に配置されたレブカウンターに加え、フレームレスの薄型液晶ディスプレイが2つ設置され、ドライバーに多くの情報を表示させることができます。

ポルシェ コミュニケーション マネジメント(PCM)の10.9インチのセンターディスプレイの下には、車両の主要な機能に直接アクセスするための5つのボタンを備えたコンパクトなスイッチユニットが配置されています。

PCMにはリアルタイム交通情報を表示するオンライン ナビゲーションのほか、ポルシェ コネクトが標準装備されます。

本格的スポーツカーに相応しいボクサー6ツインターボ

ツインターボチャージャー装備の3.0L 6気筒ボクサーエンジンを搭載した911タルガ4は、最高出力385ps、1950〜5000rpmの広い回転域で450Nmの最大トルクを発生します。オプションのスポーツクロノパッケージを装備した場合、0-100km/h加速は4.2秒(0.1秒短縮)、最高速度は289km/h(2km/hアップ)となっています。

911タルガ4用の3.0L 6気筒ボクサーエンジン

911タルガ4Sのエンジンはより強力な450ps仕様(30psアップ)で、最大トルクは2300〜5000rpmで530Nm(30Nmアップ)を発生します。0-100km/h加速は3.6秒(0.4秒短縮)、4Sの最高速度は304km/h(3km/hアップ)で、本格的スポーツカーにふさわしい動力性能となっています。また両モデルともに動力性能の向上だけでなく、日常での扱いやすさも一段と高められています。

フロント駆動力がアップしたニューAWD

タルガ4、タルガ4Sともに8速デュアルクラッチ トランスミッション(PDK)とインテリジェントな全輪駆動のポルシェトラクションマネジメントシステム(PTM)を採用し、最高のドライビングプレジャーを実現しています。

911タルガ4

 

新開発のAWDシステムはさらに進化し、フロント アクスルの駆動力が向上。フロントに駆動力を伝達するクラッチとデファレンシャルユニットは水冷となり、強化型クラッチディスクを採用することで信頼耐久性を高めています。また、センタークラッチの作動トルクを高めており、より高精度、より高速にフロントへ駆動力を伝達でき、トータルでのトラクション性能を高めています。

世界一というポルシェのブレーキ

新型911タルガの両モデルには、ポルシェ アクティブサスペンション マネジメントシステム(PASM)が標準装備されています。このシステムは、走行状況に合わせて減衰特性を自動的に調整して走行快適性とハンドリング性能を高め、一方手動で調整可能なノーマルとスポーツの2つのマップを備えています。

完全可変トルク配分の電子制御リヤ デファレンシャルロックを含むポルシェ トルクベクトリング プラス(PTV Plus)は、タルガ4Sに標準装備され、タルガ4にはオプションとして設定されています。

 

他の第8世代ポルシェ911と同様に、タルガモデルにもポルシェ ウェットモードが標準装備されています。フロント ホイールハウジングに取り付けられたセンサーが路面の水を検知し、一定の水を検知するとコックピットに信号が送られ、ドライバーへ手動でウェットモードに切り換えるように促します。ウェットモードでは、ドライビング レスポンスが状況に合わせて調整され、最大限の走行安定性が確保されます。

911タルガ4のドライビングダイナミクスを支えるタイヤは、フロントに19インチのアルミホイールと235/40ZRタイヤ、リヤに20インチホイールと295/35ZRタイヤが装着されます。

4Sモデルの標準装備は、20インチのフロントホイールに245/35ZRタイヤ、リヤは21インチホイールに305/30ZRタイヤが装着されます。

タルガ4のブレーキは、330mmブレーキディスクに4ピストン モノブロックの対向ピストンキャリパーを装備。4Sはレッド塗装されたフロント6ピストン/リヤ4ピストンのキャリパーを装備。ディスクのサイズは前後ともに350mmとなっています。またオプションでポルシェ セラミックコンポジットブレーキ(PCCB)を装備することもできます。

 

なおこの991タルガには、オプションとして純正の豊富なパーツ ラインアップと、ポルシェ エクスクルーシブ マニュファクチャーによるパーソナライゼーション オプションが用意され、自分だけの1台を仕上げることができます。さらに近日中に911タルガの特別仕様車もデビューする予定となっています。

ポルシェ 911 タルガ4 諸元表

ポルシェ 911 タルガ4S 諸元表

価格

911タルガ4(8速PDK ハンドル右/左):1729万円(税込み)
911タルガ4S(8速PDK ハンドル右/左):2060万円(税込み)

ポルシェ911関連記事
ポルシェ 関連記事
ポルシェ・ジャパン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る