2022年3月にステランティスとしてスタート 13車種を新たに導入

FCAジャパンとグループPSAジャパンが合同の記者会見を2022年1月18日にオンラインで開催した。両社の代表取締役社長を務めるポンタス・ヘグストロム氏は2社を2022年3月1日に統合し、「ステランティス・ジャパン」として発足することを発表した。ただし、マセラティのみ従来通りの独立したビジネスを行なうと説明した。

現在、FCA、PSA両グループの社長ポンタス・ヘグストロム氏

ヘグストロム社長は、傘下のジープ、プジョー、フィアット、アバルト、シトロエン、アルファ ロメオ、DSオートモビル各ブランドの2021年の業績を発表し、いずれもコロナ禍、半導体不足という厳しい状況下にもかかわらず顕著な成長を遂げ、FCAジャパンとグループPSAジャパンの合計で10%の伸びを記録したと説明した。この結果、日本の輸入車市場でのシェアは17.4%に達しているのだ。

3月1日からステランティス ジャパンとして出発する

そして各ブランドごとの今後の事業展開について説明し、各ブランドで2022年に導入する新型モデルは、すでに1月7日に発表済みのシトロエン新型「C4」を含めて新たに13台のニューモデルを市場導入すると発表した。

グループ・ブランドの中で最も好調なジープは、アメリカ、ブラジル、イタリア、カナダ、中国、ドイツに続く7番目のマーケットにまで日本は成長している。2022年には、初の3列シートモデル「グランドチェロキーL」、日本初のジープのピックアップトラック「グラディエーター」を導入する。グラディエーターはフルサイズのピックアップにもかかわらず発表後2週間足らずで150台を受注したという。

パワーofチョイス戦略を展開するプジョーでは、3008のPHEV販売比率は15%、2008/208のBEV比率は10%で、現在の日本の乗用車のPHEVは全体で約5%程度であることと比較するとプジョーのPHEV比率は高い実績となっている。そして2022年は新型308/308SWを導入する。

フィアットは依然として500が好調で、2022年はいよいよBEVの500e/500eコンバーチブルを導入する。またヨーロッパでベストセラーとなっているフィアット プロフェッショナル(商用車部門)の大型バン商用車「デュカート」を日本に導入することを発表した。

ヨーロッパ大型商用バンでNo1のデュカート

このデュカートは成長を続けるRV(リクリエーションビークル/キャンピングカー)セグメント、国産の競合がほとんど存在しない配送事業向けのB2Bビジネスに参入することになる。

シトロエンも、ベルランゴを筆頭に好調で2021年前半には7か月連続で月間販売台数の過去最高を記録。2022年は、第2四半期にフラグシップモデルの「C5 X」を導入する計画だ。

フラッグシップ「C5 X」

アルファロメオも「ジュリア」、「ステルヴィオ」が好調で前年比40%超となっている。2022年は初の小型SUVで、アルファ ロメオとして初の電動化モデル「トナーレ」を導入する。このニューモデルは2022年春にワールドプレミアが行なわれ、日本には第4四半期に日本で正式発表される予定だ。

DSオートモビルも国内で順調に販売台数を伸ばしており、フレンチブランドで最も高い電動化比率を誇り、PHEVモデルの「DS7 クロスバックE-TENSE4×4」の販売比率は16%、DS3 クロスバックE-TENSEは21%に達している。

DSブランドのフラッグシップ「DS 9」

2022年には、全長5m、ホイールベース2.9mのフラグシップサルーン「DS 9」の日本への導入を行ない、さらにCセグメントSUVの「DS 4」も導入する。この2モデルによってブランド独立後のフルラインアップを完成させる。

ジープ 関連記事
ジープ 公式サイト
プジョー 関連記事
プジョー 公式サイト
シトロエン 関連記事
シトロエン公式サイト
フィアット 関連記事
フィアット 公式サイト
アルファロメオ 関連記事
アルファロメオ 公式サイト
アバルト 関連記事
アバルト 公式サイト

FCAジャパン 公式サイト
グループPSAジャパン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る