「オペル」が日本向けWEBサイトをオープン 2022年販売開始

ステランティス傘下のオペルは2020年2月に、日本市場にカムバックすることを発表しましたが、2021年8月4日から日本向けWEBサイトをオープンしました。

なお、2020年2月のカムバック発表時に、販売開始は2021年中とされていましたが、新型コロナウイルス感染拡大、世界的な半導体不足などの影響を受け、日本での販売は2022年上半期と決定されています。

もちろんこの時期に合わせ、オペル販売店網も準備されています。オペルは、日本においては徹底的にドイツ・ブランド、ドイツ・デザインを訴求する戦略で、販売店は「オペルAUTO HAUS(アウト・ハウス)」とドイツ語表記されます。

【関連記事】「オペル」が日本にカムバック:https://autoprove.net/imported-car/opel/189617/

初期導入モデルは電動化モデルを含む3モデルと決定されています。BセグメントのハッチバックのCORSA(コルサ)とCORSA-e(電気自動車)、BセグメントSUVのMOKKA(モッカ)、CセグメントSUVのGRANDLAND(グランドランド)です。もちろんその後はMPVのコンボを含め、モデルレンジはさらに拡大される予定です。

Bセグメントのスポーティなハッチバックのオペル・コルサ
BセグメントSUVのオペル・モッカ
CセグメントのSUVのオペル・グランドランド

オペルは16年振りに日本市場にカムバックすることになりますが、ドイツを始めヨーロッパで人気の高いオペルの最新モデルは耳目を集めることはまちがいありません。

オペル 関連記事
オペル ジャパン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る