MINI クロスオーバー 豪華装備満載「Albert Bridge Edition PHEV」登場

BMWジャパンは2022年11月10日、MINI クロスオーバーにハイグレードな装備を採用した特別仕様車「MINI クロスオーバー Albert Bridge Edition PHEV」を設定し発売した。なおデリバリーは12月以降が予定されている。

MINI クロスオーバー Albert Bridge Edition PHEVの名称に冠されているAlbert Bridge(アルバート・ブリッジ)は、ロンドンのテムズ川に掛かっている趣のあるアルバート橋の事である。アルバート橋は、夜にはライトで彩られ、ロンドンの名所となっている。

MINIの全モデルは、2030年代に電気自動車にすることを目指しているが、PHEVモデルのMINI クロスオーバー Albert Bridge Edition PHEVを、現行モデルから電気自動車への架け橋となるモデルと位置付け、モデル名にアルバード橋の名前を取り入れているのだ。

MINI クロスオーバー Albert Bridge Edition PHEVは、PHEVの「MINI クーパー SE クロスオーバー ALL4」をベースに、限定のボディカラーやレザーシートなど、ハイグレードな仕様を施した特別仕様車だ。

エクステリアは、人気のある「ルーフトップ・グレー」を特別に装備し、ブラック・ルーフ、ブラック・ミラーキャップ、ピアノブラック・エクステリアとのコンビネーションで、都会的かでスポーティな印象としている。

19インチのアロイ・ターンスタイル・スポーク2トーンのホイールがパワフルなSUVらしさを強調し、MINI PHEVモデル専用カラーである黄色をベースにデザインされた専用パーツがAlbert Bridge Edition PHEVのアクセントとなっている。

インテリアは、MINIクラブマン専用シートとして人気を博したレザー・チェスター・インディゴブルーを特別に装備している。深く美しいブルーがドアトリムやダッシュボードのアクセント・トリムと連動し、インテリア全体に一体感をもたらしている。

インテリア・サーフェスはMINI Yoursインテリアスタイル・シェーデッド・シルバー・イルミネーテッドを採用し、ダッシュボードを彩るイルミネーションが、上質な室内空間を生み出している。Albert Bridge Edition専用デザイン・パーツとしては、専用バッジを施したフロアマットやエンブレム入りのドアシルを装備し、さらに、上質なレザーを用いたナッパレザー・ステアリングのスポーク下部にも「ALBERT BRIDGE EDITION」の名を記している。

価格

MINI クロスオーバー 関連記事
MINI 関連記事
MINI 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る