MINIの特別仕様車「レゾリュート・エディション」専用ボディカラーで登場

BMWジャパンは2022年9月15日、MINIブランドで通常モデルには無い装備を施した特別仕様車「MINI レゾリュート・エディション」を、3ドア、5ドア、コンバーチブルに設定し販売を開始した。なおデリバリーは10月以降をが予定されている。

MINIレゾリュート・エディションは、Resolute(レゾリュート)は「毅然とした」を意味しその名の通り、オリジナル性、伝統的なスタイル、自信やカリスマ性を表現したモデルだ。

高効率なMINIツインパワー・ターボ・ガソリンエンジンを搭載したMINI クーパー 3ドア、MINI クーパーS 3ドア、MINI クーパー 5ドア、MINI クーパーS 5ドア、MINI クーパーS コンバーチブルをベースに、専用のボディカラーに加え、よりハイグレードな仕様の特別仕様車である。

エクステリアは、ジョン・クーパー・ワークス・モデルのみ選択可能な、クラシックな英国のレーシングカーに使用されている配色からインスピレーションされた外装色のレベルグリーンを特別に採用。

ルーフとミラーキャップは、レベルグリーンとは対照的なカラーとなるペッパーホワイトとすることでコントラストを生み出している。ボンネット・ストライプ、ヘッドライト、ラジエターグリル、リヤライトのフレーム、サイドスカットル、ドアとテールゲートのハンドルは、専用カラーとなるレゾリュートブロンズとすることで、特別仕様車であることが一目でわかるようになっている。

インテリアは、ブラックパールライトチェッカードのクロス・レザレット・コンビネーション、レゾリュートブロンズ・カラーのインテリア・サーフェス、ドアシル・プレートにより、特別仕様車であることを強調している。

価格

MINI 関連記事
MINI 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る