マセラティ 「MC20チェロ」発表 唯一無二のスパイダーモデル

マセラティ本社は2022年5月25日、モデナで予告通りスーパースポーツカーMC20のスパイダー「MC20チェロ」のワールドプレミアを行なった。MC20チェロはスーパースポーツカーと呼ぶにふさわしいパフォーマンスと、未だかつてないほどのドライビングプレジャーを全身で感じることのできる、至高の没入感を実現した唯一無二のスポーツカーである。

MC20チェロの特長的なキャラクターは、その車名で表現されている。マセラティ・コルセ(レーシング)を意味する「MC」、マセラティ・ブランドにとって新時代の幕開けとなった2020年を指す「20」、そしてイタリア語で「空」を意味する「チェロ(Cielo)」は、クーペタイプの美しさを生かしながら、空の下で運転する喜びや楽しさを追求したモデルであることを示している。

また、革新的なV型6気筒ネットゥーノ・エンジンを搭載するMC20チェロは、格納式ガラスルーフという独創的な装備によりスポーツ性とラグジュアリーの高次元の融合を実現している。

このガラスルーフやウインドウは高分子分散型液晶(PDLC)技術により、センタースクリーンのボタンに触れるだけで、ガラスは一瞬にして透明から曇った状態へと変化する最先端のエレクトロクロミック(スマートガラス)が採用されている。

そしてルーフの断熱性とわずか12秒という開閉速度も、業界最高レベルとなっている。これらの技術が凝縮されたことで、MC20チェロは五感で感じる運転体験をもたらす。ルーフを閉じ、窓を曇らせれば何かに包まれたような感覚、ルーフを透明にすれば光が溢れるような感覚、そしてルーフトップを格納すれば外の世界を全身で感じることができるのだ。

MC20チェロは、従来のクーペと比べ重量の増加はわずか65kgで、これは緻密な設計により達成されている。また圧巻のパワーウェイト比に加え、カーボンファイバー・シャシー(クーペ、スパイダー、将来的に発売される電動バージョンの3モデル共通)が驚異的なねじれ剛性を確保し、公道やサーキットにおける卓越したハンドリングを生み出している。

ボディは徹底的に空力性能の追求により洗練され、唯一、バタフライドアを採用したことでスーパースポーツカーらしいサプライズ感を演出。これはキャビンへの乗降を容易にするだけでなく、カーボンファイバー製のコックピットとフロントホイールの存在感を強調している。

今回発表されたボディカラーは、カスタマイズプログラム「フォーリセリエ」で提供される新しい3層のメタリックカラー「アクアマリーナ」が用いられている。光との相互作用で驚くような色彩の変化を見せるアクアマリーナは、レースシーンから着想を得たMC20のスポーティなDNAを彷彿とさせるパステルグレーをベースに、虹色のアクアマリン/マイカが色合いを鮮やかにすることで、格別の存在感を放っている。

またMC20チェロは、様々なアクティブ・セーフティシステムが搭載されている。MY22からMC20に装備されているパーキングセンサー、リヤビューカメラ、ブラインドスポットモニタリングに加え、新型スパイダーには自動緊急ブレーキ、道路標識情報、新型の360度カメラが装備されている。

さらにさらに、MC20チェロは「ハイ・プレミアム ソナス・ファベール(Sonus Faber)」オーディオシステムがオプション設定されている。車載オーディオシステムをスパイダー車内固有の音響・配置条件に合わせて最適化されており、ソナス・ファベールのオーディオシステムの特徴ともいえる「ナチュラルサウンド」を実現する12個のスピーカーを配置している。

またインフォテイメントでは、マセラティ・インテリジェント・アシスタント(MIA)マルチメディア・システムとマセラティ・コネクトを搭載している。

日本での価格は3385万円(税込み)を予定しており、今回のワールドプレミアと同時に受注を開始している。デリバリー開始は2023年初春が予定されている。

   
マセラティ MC20 関連情報
マセラティ 関連情報
マセラティ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る