マセラティの生産工場 「アッヴォカート・ジョヴァンニ・アニェッリ」通算生産台数10万台を達成

2013年1月に稼働を開始した、トリノ市グルリアスコにあるマセラティの生産工場「アッヴォカート・ジョヴァンニ・アニェッリ」(以下AGAP)が2016年12月5日、通算生産台数10万台を達成した。AGAPの工場名はフィアットの元名誉会長の名前に由来するもので、スポーツセダン「ギブリ」、フラッグシップセダン「クアトロポルテ」の生産を行なっている。


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る