往年のF1やレーシングカーから現代のスポーツカーまで、ロータスが富士スピードウェイを走る

lotus01

エルシーアイは、2016年4月17日に富士スピードウェイで開催する「JAPAN LOTUS DAY 2016」でメインイベントを飾る「REVOLUTION of LOTUS」の開催内容を発表した。

「REVOLUTION of LOTUS」は、新旧のレーシングカーとロードカー合わせて約40台が集結。ピットに展示されるほか、ほぼ全ての車両が富士スピードウェイのレーシングコースを走行する予定だ。

このなかには、JPSカラーのF1「88B」や「97T」をはじめ、ロードカーの「Mark6」や「エラン S4 スプリント」など、歴史にその名を残す名車がズラリと並ぶ。また、「エヴォーラ400」や「2-イレブン」など現代のモデルも名を連ねる。まさに、過去から現代まで、ロータスの歴史を見て、感じることができる内容となっている。

lotus02

lotus03

lotus04

そのほかのイベント内容、開催プログラムは既報の通り。また、専用WEBサイトはこちら。

JAPAN LOTUS DAY 2016の入場料は、前売りチケット2700円(小学生以下無料)、駐車料900円で、オフィシャルサイトおよびローソンチケットにて販売している。

AutoProve 有料メルマガ 毎週金曜 配信中!

ロータス・アーカイブ

ロータス公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る