ロータス 希少モデル「エリーゼ クラシック ヘリテージ エディション」発売

ロータスカーズ輸入総代理店のエルシーアイは2020年5月15日、全世界100台限定モデルのロータス・エリーゼ クラシック ヘリテージ エディションの受注を開始しました。

モデル概要

エリーゼ クラシック ヘリテージ エディションは、1.8Lスーパーチャージャー エンジンを搭載し、究極のライトウェイト スポーツカーとして唯一無二の存在「エリーゼ スポーツ220Ⅱ」をベースにした限定モデルです。ロータスの歴史あるレーシングヒストリーをテーマとした特別なボディーカラーと内装を装備し、全世界100台生産という希少さで、最高出力220ps、最大トルク250Nm、車両重量924kgというスペックです。

エクステリアカラーのコンビネーションは、いずれもロータスF1のイメージを踏襲しています。カラーは、ブラック/ゴールド、レッド/ホワイト/ゴールド、ブルー/レッド/シルバー、そしてブルー/ホワイトの4種類が設定されています。有名なブラック/ゴールドは、エマーソン フィッティパルディが1972年のF1で5度の勝利を獲得したマシン、タイプ72Dをテーマにしています。

 

レッド/ホワイト/ゴールドは、グラハム・ヒルが1968年に搭乗したタイプ49Bのカラーリング イメージに。ブルー/レッド/シルバーは、1980年にナイジェル マンセル、エリオ デ アンジェリス、マリオ アンドレッティが乗ったタイプ81をイメージしています。

そして4番目のブルー/ホワイトは、1960年のタイプ18に捧げるモデルです。タイプ18は、60年前に、有名なサー スターリング モスがロータスとして初のF1グランプリでのポールポジションと初勝利を獲得した記念すべきモデルなのです。

 

この伝統のカラーリング加え、全世界のモータースポーツファンが即座に認識できる、限定生産モデルであることを証明するプレートがダッシュボードに貼られています。4モデルで合計100台のみの生産となり、注文に応じて4モデルに生産台数が割り当てられることになっています。

なお生産は5月以降に開始され、日本でのデリバリーは11月以降が予定されています。

価格

●エリーゼ クラシック ヘリテージ エディション:759万円(税込み)

 

 

ロータス エリーゼ 関連記事
ロータス 関連記事
ロータス 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る