ロータス スポーツの名が与えられた新たなエリーゼシリーズを発売

elise_01

エルシーアイは2015年12月1日、「エリーゼ スポーツ」と「エリーゼ スポーツ220」の販売を開始したことを発表した。両車は、従来のエリーゼおよびエリーゼSに変わるモデルとなる。

「スポーツ」の名はロータスにとって特別なもので、1970年代半ばから90年代にかけて名声を博したスーパーカー「エスプリ」で使用されていた。その称号が復活し、与えられたエリーゼスポーツは、パッケージングをシンプルにするとともに機能性を重視したモデルに仕上げられた。

搭載するエンジンは、スポーツが1.5L直列4気筒自然吸気、スポーツ220が1.8L直列4気筒スーパーチャージャー。どちらも従来型エリーゼに搭載されていたもので、前者136ps/160Nm、後者220ps/250Nmのパワー&トルクも変更はない。

elise_04elise_05

elise_03elise_06

その一方、ロータスの哲学にのっとり、ピュアドライブを研ぎすますために軽量化が図られた。車両重量はスポーツが866kg、スポーツ220kgが914kg(どちらも本国公表値)で、従来型から10kgの軽量化を達成した。その結果、スポーツ220では0-100km/h加速4.6秒、最高速234km/hを叩き出している。

また、両モデルともにDPM(ダイナミック・パフォーマンス・マネージメント)やビルシュタイン製スポーツダンパー、軽量ホイールを標準装備。されるが、DPMは設定値を減少しており、より研ぎすまされたドライブフィールが得られるようになっている。

elise_07

elise_08elise_09

このほか、エスプリから受け継がれるクラシックタータンの内装が用意されるのも、ファンにとっては嬉しいポイントだ。

なお、国内のデリバリー開始は、2016年4月を予定している。

■価格
エリーゼ スポーツ(6速MT):599万4000円
エリーゼ スポーツ220(6速MT):712万8000円

ロータス・アーカイブ

ロータス公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る