ジャガーXJ 最終モデル「XJR575 V8 ファイナル・エディション」受注開始

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ジャガーのフラッグシップとなるラグジュアリー・サルーン「XJ」の特別仕様車「XJR575 V8 ファイナル・エディション」限定20台を、10月21日から受注を開始すると発表した。

ジャガーXJ 最終モデル「XJR575 V8 ファイナル・エディション」受注開始

ジャガーXJモデル概要

ジャガーのフラッグシップ・モデルとなる「XJ」は、1968年に「XJシリーズI」として誕生し、その後8世代にわたってVIPや政治家の送迎車両として使用されたり、ビジネスリーダーや王族に好まれて選ばれるなど、特別なポジションを確立している。

今回発売される特別仕様車は、現行モデルの最後となる特別仕様車で、XJ史上最も速く、最もパワフルなハイパフォーマンス・グレード「XJR575」をベース車両に採用。575ps/700Nmを発生する5.0L・V型8気筒スーパーチャージド・エンジンを搭載している。

ジャガーXJ 最終モデル「XJR575 V8 ファイナル・エディション」受注開始

アダプティブLEDヘッドライトをはじめ、シルバーカーボンのホイールセンターバッジ、360度サラウンドカメラ、セキュアトラッカー、スマートフォンパック、コネクトプロパックなど最新の装備も備えている。なおボディカラーは全5色から選択できる。

【価格】

  • XJR 575 V8 ファイナル・エディション:1968万円(税込み)

ジャガー XJ 関連記事
ジャガー 関連記事
ジャガー・ジャパン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る