ジャガー ラグジュアリー・サルーン「XF」「XFスポーツブレイク」2021年モデルの受注を開始

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2021年5月11日、ダイナミック・ラグジュアリー・サルーンの「XF」、「XFスポーツブレイク」の2021年モデルの受注を開始しました。

XF サルーン

2021年モデルは、新たに最高出力204ps、最大トルク430Nmを発揮する最新の2.0L直列4気筒インジニウム・ディーゼルエンジン(MHEV)をラインアップし、2.0L直列4気筒インジニウム・ガソリンエンジン(P250/P300)と合わせてパワーユニットは3種類となります。さらに4WD駆動と後輪駆動、そしてボディタイプでサルーンとステーションワゴンの組み合わせにより全11機種の展開となります。

XF スポーツブレイク

エクステリアは、バンパー(フロント/リヤ)、ジャガーのヘリテージロゴをかたどったグリルメッシュデザインのフロントグリル、「ダブルJ」グラフィックのプレミアムLEDヘッドライト(シグネチャー・デイタイムランニングライト付き)など、より存在感のあるデザインに変更しています。

インテリアは、ドライバーにフォーカスした改良を加えています。乗り心地を向上させるためにシートフォームを見直したり、センターコンソールやシフトレバー、ステアリングホイールなどのドライバーを取り囲む装備をより洗練されたデザインに変更。

さらにインターネット接続によりストリーミングメディアや各種情報をインターネットから取得する最先端のテクノロジーを搭載した最新インフォテインメント・システム「Pivi Pro」も標準装備しています。

3Dサラウンドカメラ、ブラインドスポットアシスト、アダプティブクルーズコントロール、フロント&リヤパーキングエイド、リヤコリジョンモニター、リヤトラフィックモニターなど充実したドライバー支援システムを装備。

さらにオプションとして、センターコンソールのくぼみに置くだけで、スマートフォンなどの充電が可能になるワイヤレス・チャージングや、後方視界が悪い時に視野角50度の高解像度映像をルームミラーに映し出して視認性を高めるインテリア・リヤビューミラー(サルーンのみ)を、そしてキーを車内に置いたまま車両の施錠または開錠が可能なウォータープルーフ仕様・耐衝撃のリストバンド型アクティビティキー、ロードノイズを軽減させるアクティブ・ロードノイズ・キャンセレーション、空気イオン化テクノロジー(PM2.5 フィルター付)など、利便性の高い最新機能がオプション設定されています。

価格

ジャガー XF 関連記事
ジャガー 関連記事
ジャガー・ジャパン 公式サイト


ページのトップに戻る