ジャガー EVのSUV「I-PACE」の2022年モデル受注開始

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2021年9月9日、ジャガー初のフルバッテリー電気自動車のSUV「I-PACE」の2022年モデルの受注を開始しました。

追加設定された「BLACK EDITION」

「I-PACE」は2018年に、スポーツカーとしてのパフォーマンス、ゼロエミッション、エレガントなデザイン、そして4輪駆動SUVとしての高い実用性を兼ね備えたクルマとして発売されています。

2022年モデルは、世界で初めて行なわれたEV市販車「I-PACE」のワンメイクレース・シリーズ「ジャガー I-PACE eトロフィ」で培ったノウハウを取り入れています。

具体的には、フロントモーターとリヤモーターのトルク配分の変更、ECOモード時の効率の向上、アクティブベーンシステムを効果的に使用した温度管理を改善、さらにパフォーマンスや耐久性に影響することなく、バッテリー残量がより少ない状況でも作動ができるようにバッテリー制御を改良しています。

エクステリアは、従来の18インチから19インチにサイズアップしたホイールを標準装備し、クロームティップドグリルを採用するなど、よりスポーティに。また、新たに、グリル外周やミラーキャップ、サイドウィンドウ、リヤディフューザーにアクセントを加えた「ブライトエクステリアパック」を追加しています。カラーラインアップも、カルデラレッド、ポルトフィーノブルー、アイガーグレイ、アルバの新色を用意し全12色展開となっています。

インテリアは、グレインレザーの14ウェイ電動フロントパフォーマンスシートを導入したほか、レザーシートはヘッドレストにあるジャガーマークを3D加工とし、リヤシートは40:20:40分割可倒式を標準装備しています。

また、3Dサラウンドカメラ、ブラインドスポットアシスト、アダプティブクルーズコントロール、クリアイグジットモニター、リアコリジョンモニターなど多彩なドライバー支援システム、最新インフォテインメント・システム「Pivi Pro」を標準装備し、安全性と利便性も向上しています。

なお、2022年モデルから新グレードとして、「S」をベースにブラックエクステリアパックや20インチのスタイル5068・5スポーク(グロスブラックフィニッシュ)、固定式パノラミックルーフなどを備えた「BLACK EDITION」を追加し、全4グレード展開となっています。

価格

ジャガー I-PACE 関連記事
ジャガー 関連記事
ジャガー・ジャパン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る