ジャガー 新プラットフォームを採用した2021年モデル「E-PACE」の受注を開始

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2021年2月18日、コンパクト・パフォーマンスSUVの「E-PACE」2021年モデルの受注を開始しました。

「E-PACE」は、2017年に新たにジャガーのラインアップに追加されたSUVモデルで、日本では2018年2月に発売されていますが、2021年モデルでは大幅な改良が行なわれました。

最新の電動パワートレイン技術に対応するように設計されたPTA(Premium Transverse Architecture:横置きエンジン プラットフォーム)をジャガーとして初採用しました。エンジンマウントの位置を変更し、スロットルレスポンスを向上させながら、ステアリングホイールへ伝わる振動を減少させ、静粛性と乗り心地を向上。

エンジン・ラインアップは、最高出力204ps、最大トルク430Nmを発揮する最新の2.0L直列4気筒インジニウム ディーゼルエンジンを新たにラインアップしました。このエンジンはマイルドハイブリッド・テクノロジー(MHEV)を採用して、減速回生により電気エネルギーをバッテリーに蓄え、エンジンを停止させて無負荷走行(時速17km/h以下の場合)したり、スムーズな発進をサポートし、燃費効率と加速時のレスポンスを改善します。

内外装のデザインも見直し、エクステリアは、ヘッドライトのラインアップを変更、フロントグリル、フロントバンパーロワーインサート、リヤバンパーのデザインを刷新したほかに、サイドベントにはジャガーのリーパーロゴを配し、新デザインのホイールも追加しています。

インテリアは、エンボス加工のジャガーリーパーロゴをレイアウトしたヘッドレストやクリケットボールステッチを施したシフトレバー、コンソールの小物用トレイ、11.4インチのタッチスクリーンが新たに追加となり、英国のクラフトマンシップが細部にまで反映され、高級感と快適性を追求。

また、従来のJaguar Driveコントロールで選択可能だった「雨/氷/雪」モードに代わり、さまざまな路面状況を瞬時に検知して、それに応じてグリップ力を調整するアダプティブ・サーフェス・レスポンス(AdSR)を備え、走行安定性をこれまで以上に高めています。

その他に3Dサラウンドカメラ、ブラインドスポットアシスト、アダプティブクルーズコントロール、フロント&リヤパーキングエイド、リヤコリジョンモニター、リヤトラフィックモニターなどのドライバー支援システムと最新インフォテインメント・システム「Pivi」を標準装備(グレード「S」以上は「Pivi Pro」)しています。

価格

限定50台の特別仕様車「LAUNCH EDITION」

今回、「E-PACE」2021年モデルの発売を記念し、特別仕様車「LAUNCH EDITION」を50台限定で設定しています。最上級グレード「R-DYNAMIC HSE P250」をベースに、「LAUNCH EDITION」専用色の「ポルトフィーノブルー」のエクステリアカラーに「クラウド」、「ディープガーネット」のインテリアカラーを組み合わせています。

「E-PACE」のスポーティさを際立たせるブラックエクステリヤパック、ピクセルLEDヘッドライト、21インチホイール(グロスブラック)に加え、ワイヤレスデバイスチャージングや空気清浄システム(PM2.5フィルター搭載)などの最新のオプションを装備しています。

価格

特別仕様車「LAUNCH EDITION」(50台):854万8000円(税込み)

ジャガー E-PACE
関連記事

ジャガー 関連記事
ジャガー・ジャパン 公式サイト


ページのトップに戻る