ジャガー初の電気自動車は2018年に発売予定

2016年11月16日、ジャガーはロサンゼルスとロンドンというふたつの都市をまたいだ、VR(ヴァーチャルリアリティ)発表イベントを開催した。そこで発表されたのが、電気自動車「I-PACE」のコンセプトカー。このモデルは2017年に市販車モデルを発表し、2018年に発売を開始する予定となっている。


[編集部からのひと言]
他メーカーと比べると立ち上がりこそスローだったが、フォーミュラEに参戦するなど、急速に電動化へ注力している。2年後にはデリバリーを開始するジャガーの電気自動車。

ジャガー初となる電気自動車のコンセプト、i-PACE
ジャガー初となる電気自動車のコンセプト、i-PACE
スポーツカーの走りとSUVのユーティリティ性を融合させたデザイン。
スポーツカーの走りとSUVのユーティリティ性を融合させたデザイン。

このi-PACEは、NEDC(New European Driving Cycle)での走行距離は500km以上、EPA(米国環境保護庁)のモードでは220マイル以上を走行できる、90kWhのジャガー・ランドローバーが設計と開発を行なったリチウムイオンバッテリーを搭載している。

充電に関しては、すでに普及しはじめている50kWhの直流充電器を使えば約90分で80%の充電が可能。また追加2時間で満充電が可能だ。

パフォーマンス面では、前後アクスルに電気モーターを搭載していて、システムのパワーは400ps、トルクは700Nmを発生。AWDによるトラクションのよさも合わせて、0-60mph加速は約4秒という俊足さも実現している。

ボディデザインはユーティリティ性の高いSUV的なものを採用しているがこれは、5名乗車ができるスポーツカーであり、パフォーマンスレベルの高いSUVでもある、ということから生み出されたものだ。

天井にはパノラミックルーフを装備。インテリアにはタッチスクリーンモニターをふたつ配置している。
天井にはパノラミックルーフを装備。インテリアにはタッチスクリーンモニターをふたつ配置している。

ジャガーではこのi-PACEをいち早く購入したい、というユーザー向けに、専用のウェブサイトをスタート。ここから登録をすると、購入に関する情報を優先的に配信していく、とのことだ。

【PR編集部】 編集部総力取材!雪道シーズン到来、ヨコハマタイヤ特集
第1弾:ヨコハマタイヤ「ice GUARD SUV G075」試乗レポート 技術進化を如実に感じる新スタッドレスタイヤ
第2弾:ヨコハマタイヤ 最新SUV用スタッドレス「ice GUARD SUV G075」 そのグリップを生み出すテクノロジー


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る