【ジャガー/ランドローバー 東モ】日本初公開のモデルが登場

ジャガーXKR-Sの画像
↑ジャパンプレミアとなるジャガーXKR-S

2011年12月3日から一般公開される第42回東京モーターショーでジャガー・ランドローバー グループが展示するのは、それぞれのブランドで3台ずつの計6台。いずれも市販モデルだが日本初公開となるジャパンプレミアが3台あり、話題の新型モデルが目白押しといった様子だ。かつての名車、ジャガーEタイプの50周年にちなみ『スポーティ・パフォーマンス』をテーマとするジャガー。そのブランドから出展される3台のうちジャパンプレミアは、ジャガー史上最速との呼び声が高い「XKR-S」だ。

最高出力550ps、最大トルク680Nmを発揮する5.0LのV型8気筒エンジン+スーパーチャージャーは、歴代のジャガーにおける最も強力なパワーユニット。ボディはもちろんアルミニウムで構成され、フロントのアップライトもアルミ製となっているのがXKR-Sの特徴。足元は20インチのタイヤ&ホイールがセットされ、また電子制御による駆動制御は、意のままに操る楽しみを増幅するという。

ジャガーXFRの画像

ジャガーの入門モデルとして位置づけられる4ドアサルーンXFシリーズの最上級グレードとなるのが「XFR(写真上)」。パワートレインは510ps、625Nmを発生するV8の5.0Lスーパーチャージャーエンジンとシーケンシャルシフト付き6速ATを組み合わせたもの。標準モデルとは異なるアグレッシブなフロントバンパーや、スーパーチャージャーの存在を予感させるボンネットがエクステリアでの特徴だ。

ジャガーXJの写真

同じく5.0LのV8スーパーチャージャー(スペックは同一の510ps、625Nm)を搭載した「XJ SUPERSPORT(スタンダードホイールベース)」は、ラグジュアリーセダンXJシリーズ(写真上)の最高峰。 ホイールベースは3030mmと3155mmがラインアップされているが、東京モーターショーに出展されるのはショートホイールベース仕様。ジャガーのフラッグシップを会場でじっくりと味わいたい。

レンジローバー・イヴォークの画像

ランドローバーの主役となるのは昨年のパリショーでのデビュー以来、国内導入が待ち焦がれていた「レンジローバー・イヴォーク」だ。新世代レンジローバーとして軽量化と省燃費性能を実現しつつ、レンジローバーのデザインを進化させたアピアランスを手に入れたイヴォークが、いよいよ日本にも上陸する。具体的にはアルミニウムやチタン、マグネシウムなどの軽量素材を使ったボディと6気筒並のパフォーマンスを実現する2.0Lの4気筒ターボエンジン(240ps)というファクターがこの新世代マシンを構成する。

レンジローバー・イヴォークの画像

レンジローバーというブランドから想像されるクロスカントリーテイストを都市型に昇華させたアーバンビークルがイヴォーク。3ドアボディのクーペはフレンツェレッドのボディカラーを展示予定。伝統の先にある新しいレンジローバーのイメージをこのクルマが生み出していく。

ランドローバー  ディスカバリー4の画像

375ps、510N・mを発生する5.0LのV8エンジンと6速ATを組み合わせたランドローバー 「ディスカバリー4」の上級グレードHSEの2012年モデルが展示される。ボディカラーはゴールウェイ・グリーンとなる予定だ。

ジャガー公式WEBサイト

ランドローバーWEBサイト

自動車技術会
ページのトップに戻る