シボレー カマロ「RAPID BLUE EDITION(ラピッド・ブルー・エディション)」20台限定で発売

GMジャパンは2022年9月8日、アメリカを象徴する人気スポーツクーペ「シボレー カマロ」の精悍でスポーティなイメージをさらに高めた限定モデル「シボレー カマロ RAPID BLUE EDITION(ラピッド・ブルー・エディション)」を20台限定で発売した。なおデリバリーは12月頃が予定されている。

この限定モデルのベースは「LT RS」だ。「LT RS」は、軽量・高剛性でアスリートのような逞しいボディに2.0L直噴ターボエンジンを搭載し、俊敏な運動性能を発揮する。

そしてこの限定モデルは、鮮やかなトーンが印象的なラピッドブルーのエクステリアカラーとし、ブラックのラリーストライプのデカールを組み合わせることでパワフルさ、スポーティさを際立たせている。

インテリアには、限定色のセラミックホワイトカラーのレザーシートトリムを採用。特別な一台を駆る高揚感が強調している。

価格

シボレー カマロ RAPID BLUE EDITION(限定20台):660万円(税込み)

また、GMジャパンは9月23日〜25日、「シボレー カマロ RAPID BLUE EDITION」の発売に合わせ「CAMARO BEAST DRIVING FAIR」を全国の販売店で開催する。

今回のフェアでは、カマロのグローバルキャンペーンのコンセプトである「FIND THE BEAST WITHIN(内なる野獣を呼び覚ます)」をテーマに、マンガ家・イラストレーターの平戸三平氏によるアメリカンPOPを採用。アメリカンアートでオリジナルキービジュアルを描く国内限定プロモーションの第3弾となる。

ホームページで事前予約の上、フェア期間中に店頭で「シボレー カマロ」に試乗した方全員に、今回のキービジュアルが描かれたカマロ・オリジナルトートバッグがプレゼントされる。

フェア特設WEBサイト:https://www.chevroletjapan.com/campaigns-events/beast-driving-with-camaro-rapid-blue

シボレー 関連記事
シボレー 公式サイト
GM 関連記事
GMジャパン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る