キャデラック CT5 新型ラグジュアリーセダンを発表

GMジャパンは2021年1月15日、キャデラックの伝統と、真のドライバーズカーのためのノウハウを結集して開発した、最新のラグジュアリーセダン「CT5」を発表し、1月16日から販売を開始しました。

「CT5」は、全長4925mm、全幅1895mm、全高1445mm、ホイールベース2935mmというEセグメント(アメリカではミッドサイズ)のラグジュアリーセダンです。プラットフォームは「アルファアーキテクチャー」を採用。高いシャシー性能と軽量化、高剛性を実現しています。

コンセプトモデル「エスカーラ」にインスパイアを受けたエクステリアは、エッジの効いたキャデラックのシグネチャースタイルで、どの角度から見てもスポーティなセダンらしい存在感のあるデザインです。

新しいファストバック風のスタイルは力強いパワー、高性能をアピールし、ロングホイールベースから生まれた低く伸びやかなポロポーションです。また前後四隅を引き締めるLEDバーティカルライトと、存在感のあるメッシュグリルによりひと目でキャデラックとわかるデザインになっています。

インテリアは、品質や細部へのこだわり、本物素材の採用、熟練のクラフトマンシップによる作り込みとともに、直感的でシンプルな操作性の各種テクノロジーを装備しています。

前後席レッグルームの広さは同セグメントでトップクラス。視認性に優れた高解像度10インチタッチスクリーンやロータリーコントローラー、スクロール、ハードボタンを組み合わせた直感的なインターフェースはスマートフォンのようにスムーズに操作可能です。

シートはベンチレーション、シートヒーター、マッサージなどの快適装備に加えて、徹底した遮音による音源の制御とアクティブノイズキャンセレーション技術で実現した、静粛性や心地よいサウンドを楽しめます。

さらに車内の空気を浄化するイオン発生/除菌機能付エアコンディショナーを搭載。エアイオナイザーは負に帯電した水酸化物質(O2H)を発生させ、ACダクトを介して空気中に放出することにより、特定の空気中の汚染物質を削減。エアクオリティセンサーが大気汚染を感知するとインレットを閉じて車内へのエア流入を遮断する機能も備えています。

またナビゲーションは、最新の「クラウドストリーミングナビ」を標準装備し、常時接続により、高精度、高機能のナビが使用可能です。

エンジンは新設計の2.0L直列4気筒の直噴ターボエンジンで、リッター当たり100psを超え、クラストップの240ps/350Nmを発生。直噴システム、アクティブ・熱マネジメント、オートスタート/ストップ機能に加え、低回転域でターボラグを抑え、NAエンジンに匹敵するスロットルレスポンスを提供するツインスクロールターボを採用。低負荷走行時に2気筒を休止する気筒休止システムも採用しています。

トランスミッションは10速ATを組み合わせたことで、スピーディかつ正確なギアチェンジが可能となり、なめらかで切れ目のないレスポンスを実現。駆動システムはFR駆動とAWDをラインアップしています。

運転支援システムは最新の仕様で、車両の各部にレーダーやカメラ、超音波センサーを搭載し、より安全なドライブをアシスト。エマージェンシーブレーキシステム(フロントオートマチックブレーキ/フロント歩行者対応ブレーキ)や、前方車両をモニターし、加速・減速・完全停止までを自動で行なうアダプティブクルーズコントロールを、さらにサイドブラインドゾーンアラート、リヤ歩行者検知など20以上の最新安全装備を搭載。セグメントで最も充実した標準安全装備となっています。

また、より快適な走行を実現するZF MVSパッシブダンパーに加え、滑りやすい路面でも安定した走りを実現するインテリジェントAWD(スポーツ グレードにみ)を装備。ドライビングシーンに合わせて最適なドライブモード(ツアー、スポーツ、スノー/アイス、Myモード)を標準装備。シフトスケジュール、ステアリング&ブレーキフィール、前後トルク配分、排気サウンドのカスタマイズが可能になっています。

グレード展開は、内外装デザインと装備の異なるラグジュアリー系の「CT5プラチナム」と、スポーツ系の「CT5スポーツ」の2モデルを設定。いずれも左ハンドル仕様です。デリバリーは3月頃から開始される予定です。

価格

キャデラック CT5 プラチナム:560万円(税込み)
キャデラック CT5 スポーツ :620万円(税込み)

キャデラック CT5 関連記事
キャデラック 関連記事
キャデラック 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る