キャデラック ハイブリッドレーシングカー「 V-LMDh」2023年デビューへ

キャデラック・レーシングは2022年12月6日、ル・マン24時間レースなど世界耐久選手権に出場するためのキャデラック・ブランド初の電動ハイブリッド・レーシングカー「キャデラック V-LMDh」が開発目標を達成し、2023年1月28日のロレックス・デイトナ24時間レースでデビューすると発表した。

キャデラック・レーシングは7月以降に、約1万9000kmにも及ぶサーキットでのテストを実施。その中には、チップ・ガナッシ・レーシングが準備したマシンによるセブリング・インターナショナル・レースウェイでの24時間テストや、アクション・エクスプレス・レーシングとの短時間の耐久テストも含まれている。

キャデラック・レーシング・プログラム・マネージャーのローラ・ウォントロップ・クラウザー氏は、デイトナやル・マンの過酷な24時間レースに向けて理想的なテストが実施できたと語っている。夜間走行を含むレースと同等のスティントのデータを収集することや、1周6020m、17のコーナーがある起伏が多いサーキットでの耐久性の検証など行なわれたのだ。

クラウザー氏は「あの耐久テストを完走できたことは、チームにとってさらなるモチベーションとなり、達成感を得ることができました。まだ短期間でやるべきことはたくさんありますが、多くのことを微調整している段階です」と述べている。

新型「V-LMDh」は、IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権と、FIA世界耐久選手権の二つのシリーズに参戦する予定だ。両シリーズのスケジュールには、3月17日のWEC開幕戦「セブリング1000マイル」、3月18日の「IMSA モービル1 セブリング12時間」レースなど、セブリング・インターナショナル・レースウェイでの日程が含まれている。

なおキャデラックは、セブリング・サーキットはホームサーキットに等しく、IMSAシリーズでは、2022年に表彰台を独占。過去4年間、総合優勝という実績を誇っている。

さらに2022年10月には、1周4009mのミシュラン・レースウェイ・ロード・アトランタで行なわれたプチ・ル・マンレース直後にもテストを実施した。

キャデラック・レーシングのアシスタント・プログラム・マネージャーであるカルヴィン・パーカー氏は、「同じレーストラックで、同様の外気温と路面温度のもと、レース終了から36時間以内にテストを行なえたことは非常に有益でした」と述べている。

さらにパーカー氏は「従来の『Dpi』カーで走ったドライバーたちが『V-LMDh』に乗り換えて同じコースを走ることが、新しいレースカーの限界を理解するのに非常に役に立ちました。いくつかのサーキットを走ったことで、重量の違いやパワーの違いを比較することができるようになったのです。最初の2、3回のテストから、システムやマシンへの理解をさらに深めることで、チームのマシンに対する快適さのレベルは飛躍的に向上しました」と語っている。

キャデラックは、12月6〜7日、2023年のIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権の新クラスのグランドツーリングプロトタイプ(GTP)に参戦の全メーカーによるIMSA公認のテストで、デイトナの1周5.7kmのロードコースで最終テストを行ない、その後も熟成を継続していくことになる。

キャデラック 関連記事
GM 関連記事
キャデラック・レーシング 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る