フィアット500Xの限定車「Fiat 500X Indigo」発売

FCAジャパンは、「Fiat500X(フィアット・チンクエチェントエックス)」に、ブルーのマット塗装や18インチアルミホイールを採用した限定車「500X Indigo(インディゴ)」を設定し、2020年10月3日(土) より、150台限定で販売します。メーカー希望小売価格は、347万円(消費税込)。

限定車「500X インディゴ」は、特別なボディカラーやアルミホイールを付加することで、ひと味違った個性を求めるユーザーに応える1台です。

ボディカラーには、デニムをイメージしたマットジーンズブルーを採用。また、標準モデルより1インチサイズアップした18インチアルミホイールを装備します。

インテリアには、ボディとコーディネートされたブルーのインストルメントパネルが採用され、ブラックを基調とした落ち着いた車内に鮮やかなアクセントを加えています。

なお500Xインディゴは「500Xクロス」をベースとしており、LEDヘッドライトやブラックレザーシート、アンビエントランプ、アダプティブクルーズコントロールなどの装備が標準装着してます 。

エンジンは排気量1331ccの直列4気筒ターボ(最高出力151ps)を搭載し、WLTCモードは13.4km/Lとなっています。

フィアット500X関連記事
フィアット関連記事


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る