フェラーリ 新型4ドア/4シーター「プロサングエ」京都でお披露目

フェラーリ・ジャパンは2022年11月8日、京都の世界遺産に登録されている仁和寺で、跳ね馬75年の歴史で初となる4ドア/4シーターの新型スポーツカー「プロサングエ(Purosangue)」を京都で初披露した。

サラブレッドを意味する「プロサングエ」は今年9月にイタリアで発表されたが、早くも日本での初披露となったわけで、アジア市場を重視していることが見て取ることができる。

【関連記事】フェラーリ プロサングエ詳報:https://autoprove.net/imported-car/ferrari/211462/

フェラーリ・ジャパンのフェデリコ・パストレッリ社長は、「妥協なく生まれ、絶え間ない革新と卓越した美しさの追求、純粋で誠実であり続けたいという願いはフェラーリというブランドの核心です。つまりフェラーリのレーシングDNA につながるものです。フェラーリのすべてはパフォーマンスを向上させるためにデザインされています。そしてそれと同等の努力がロードカーにも注がれているのです。すべてのフェラーリは何よりもまずスポーツカーなのです。そして、プロサングエはプロダクトレンジにおけるスポーツカーの位置づけであり、妥協のない快適性と多用途性を備えたゲームチェンジャーなのです」とスピーチした。

プロサングエは、4ドア/4シーターというパッケージを成立させるために、排気量6.5Lで725ps/716Nmを発生する自然吸気V型12気筒エンジンをフロント・ミッドシップとし、トランスミッションをリヤ・アクスル上に配置したトランスアクスル式のAWDという独自のレイアウトを採用。そのため前輪駆動部は他社には存在しない独創的なメカを採用している。これによりフロントエンジンながら前後の荷重配分は49:51とし、同時にAWDを実現している。

4ドアは観音開きでフル4座席とし、ボディーサイズは全長4973mm、全幅2028mm、全高1589mm、ホイールベースは3018mm。フェラーリとしては全高が高められているのがポイントだ。ボディはカーボンファイバー製ルーフを始め先進材料を駆使し、軽量化と低重心化を図っている。

動力性能は0-100 km/h加速が3.3秒、0-200 km/h加速が10.6秒、そして最高速度は310km/hで、4座席とはいえスーパースポーツカーにふさわしいパフォーマンスを実現している。

プロサングエの日本での価格は4760万円からとなっている。またデリバリーは2023年後半から開始される予定としている。


フェラーリ プロサングエ 関連記事
フェラーリ 関連記事
フェラーリ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る