「フェラーリ・チャレンジ・ジャパンシリーズ」国内4ヶ所のサーキットで開催

フェラーリのコルセ・クリエンティ部門は2022年12月13日、2023年にフェラーリ・チャレンジ・ジャパンシリーズを創設し、日本の4ヵ所のサーキットでフェラーリ488 チャレンジャー EVOをワンメイクで使用してレースを開催することを発表した。

フェラーリの歴史で、単独のマーケットを対象とするワンメイクシリーズが提供されるのは2019年のイギリス国内シリーズ創設に続いて2度目となる。

フェラーリ・チャレンジ・ジャパンシリーズは、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋といった世界各地の他のチャレンジシリーズと同じレギュレーションやルールで運営される。ジャパンシリーズへの出走には、国内Aライセンスが必要となる。

日本の正規ディーラー・ネットワークは、フェラーリ・チャレンジ・ジャパンシリーズをサポートし、この新たなモータースポーツのチャンスに参加を希望する顧客にレース仕様車両を提供する。

なおこのシリーズは、488 チャレンジ・レーシングカーを所有するすべての顧客を対象としており、2023年シリーズに関心のある人は正規ディーラーに問い合わせを。

■2023年レースカレンダー
・4月8/9日   富士スピードウェイ
・5月6/7日   オートポリス
・7月1/2日   富士スピードウェイ
・7月15/16日  鈴鹿サーキット
・8月19/20日  スポーツランドSUGO

フェラーリ 関連記事
フェラーリ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る