パリへの旅情をかき立てるDS3クロスバック「 トワ・ド・パリ ブルーHDi」登場

ステランティス・ジャパンは2022年9月7日、DSオートモビルのコンパクトラグジュアリーSUV「DS3 クロスバック」に、TOIT DE PARIS(トワ・ド・パリ)の名を冠した特別仕様車「DS3 クロスバック トワ・ド・パリ ブルーHDi」を追加導入し、発売を開始した。

”TOIT DE PARIS”は、“パリの屋根”を意味している。小高い丘などからパリ市内を見渡すと、広い空とアパルトマンの特徴的なグレーの屋根色が日常の景色として見ることができる。19世紀後半に実施されたパリの都市整備計画では、屋根の形態や外壁の石材に至るまでこと細かく指定され、そのパリの屋根は美しい街並みを造り出すユニークなシンボルとなっており、芸術家たちにインスピレーションを与えてきた。

この特別仕様車「DS3 クロスバック トワ・ド・パリ ブルーHDi」は、そのアパルトマンの屋根に着想を得たもので、最上級グレードである OPERAをベースに、専用のルーフカラーであるキャラットグレーを採用。さらに専用の18インチホイール、フロントノーズとフロントドアの左右には専用のバッジを装着している。

これらは、エッフェル塔やエコール・ミリテール、サクレ・クール寺院、モンパルナスタワーといったパリの有名なランドマークをモチーフにデザインしたもので、パリへの旅情をかき立てるデザイン・センスだ。

パワートレインは、最高出力130ps、最大トルク300Nmを発揮する1.5Lのクリーンディーゼルエンジン「ブルーHDi」と8速ATの組み合わせ。燃費は21.0km/L(WLTCモード)と、プレミアムB-SUVセグメントでトップレベルの性能を実現している。

価格

DS3クロスバック 関連記事
DS 関連記事
DSオートモビル 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る