「DS3 クロスバック」1.5Lクリーンディーゼルモデル追加

ステランティス・ジャパンは2022年5月25日、DSオートモビルのコンパクト・ラグジュアリーSUV「DS3 クロスバック」に、クリーンディーゼルエンジンを搭載した「DS3 クロスバック ブルーHDi」を追加導入し、発売を開始した。

DS3 クロスバックは、これまでは1.2Lのガソリン(ピュアテック)、電気自動車(E-TENSE)をラインアップしていたが、今回クリーンで力強い加速性能と環境性能を両立するクリーンディーゼルのブルーHDiを追加導入、3種類のパワートレインから選択できるようになったのだ。

新たにラインアップに追加された1.5Lのクリーンディーゼルエンジンは、最高出力130ps、最大トルク300Nmを発生。組み合わされるギアボックスは8速AT。燃費は21.0km/L(WLTCモード)と、プレミアムB-SUVセグメントでトップレベルの燃費性能を備えている。もちろんエコカー減税の対象であり、使用燃料が比較的安価な軽油であることも加えて、優れた経済性を備えている。

ボディサイズは全長4120mm、全幅1790mm、全高1550mmと、都市の立体駐車場にも収まるコンパクトさでありながら、ゆとりある内部空間を実現。リヤシートは利便性を考慮した分割可倒式を採用。シートをすべて折りたためば、ラゲッジスペース容量は通常の350Lから1050Lにまで拡大でき、利便性もきわめて高い。

グレード構成は最上級仕様となるオペラを設定。装備はガソリンモデル (PureTech)のオペラと同様のフル装備となり、エクステリアにはクロームアクセント入りフロントグリル、インテリアでは上質なナッパレザーのシートやダッシュ&ドアトリムを標準装備している。

価格

DS3クロスバック 関連記事
DS 関連記事
DSオートモビル 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る