シトロエン「C3エアクロスSUV」がマイナーチェンジ

グループPSAジャパンは2021年11月25日、コンパクトクロスオーバーSUV「C3エアクロスSUV」のマイナーチェンジを行ない、新世代フロントマスクの採用と装備の拡充を実施して発売した。

C3エアクロスSUVは2017年末にグローバルデビューしたBセグメントのクロスオーバーSUV。このC3エアクロスSUVのデザイン、コンフォート性能、利便性を向上させるために今回のマイナーチェンジが実施されている。

まずデザイン面では、フロントマスクを刷新。シトロエンの新しいデザインを取り入れ、より主張が明確で、よりSUVらしいデザインとなっている。

ボディカラーは、新色のカーキグレイ、ボルタイックブルー、ルージュペッパーを追加。従来からのカラーと合わせ5色の展開となっている。

インテリアでは「シトロエン アドバンスド コンフォート」の思想を積極的に採用し、クラス最高レベルの座り心地、乗り心地を実現するアドバンスド コンフォート シートを採用。シート生地の裏側には従来の2mmから15mmへと大幅に増大されたフォームを採用し、ソフトなタッチと快適な座り心地を両立させている。

またシートだけでなく、インテリア全体もアップデートされている。インスツルメントパネルもシート生地と同様の霜降り(杢)グレーのファブリック張りとなり、メトロポリタングラファイトの色調と合わせ、よりシック、より高質感を実現。センターコンソールにはクローム装飾が加えられ、パーキングブレーキ形状を変更することで2個のカップホルダーを新設している。

ユーティリティでは、リヤシートを前進させるとクラス最大の520Lのラゲッジ容量となり、リヤシートを折りたたむと1289Lものラゲッジ容量を確保できる。また助手席シートバックを倒すと2.4mの長尺物も積載可能だ。

グレードは、モノグレードでSHINEに絞り込まれている。パッケージオプションは、17インチホイール、グリップコントロール、マッド&スノータイヤ、パノラミック サンルーフ、LED室内灯、HiFiスピーカーなどがラインアップされている。

価格

シトロエン C3 関連記事
シトロエン 関連記事
シトロエン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る