シトロエン「C3セントジェームス」がグローバルモデルとなり再登場

グループPSAジャパンは2021年11月4日、Bセグメントのコンパクトカー「C3」にフレンチ・カジュアルファッションブランド「セントジェームス」とのコラボレーションによる「C3セントジェームス」を追加設定し発売した。

この「C3セントジェームス」は、フランスを代表する100年を超える歴史を持つふたつのブランド、シトロエンとセントジェームス(ノルマンディー地方にあるセントジェームス市をルーツに持つ、フランスを代表するカジュアルブランド)の融合から生まれたモデルだ。

シトロエンとセントジェームスは、常に独立性、自由、開放的という価値観を大切にしており、この共通性をもとにコラボレーションが行なわれている。

今回発売される「C3セントジェームス」は、もともとは日本独自のコラボレーションモデルとして企画され、2019年6月に特別仕様車「C3×セントジェームス」として発売した実績がある。この日本で企画されたコンセプトを評価したシトロエン本社がセントジェームスとの協力関係をあらためて検討し、2つのブランドはC3を中心にコラボーレションをしていくことを決定。その展開はグローバルに広げられることになったのだ。

今回発売された特別仕様「C3セントジェームス」はグローバルモデルとなり、フランス(フランス海外県などを含む)、イギリス、ドイツ、オランダ、日本で発売されることになった。

この特別仕様車はベストセラーモデルC3の上級グレードSHINEをベースとし、セントジェームスにインスパイアされた特別なディテールが備わり、ルーフには青、赤、白のトリコロールと「SAINT JAMES」のロゴが入ったステッカーを、Cピラーにもトリコロールのステッカーをあしらっている。さらにフロントドアにはセントジェームスバッジが装備され、特別感を演出。

ボディカラーはサーブルとブランバンキーズの2色を設定。なお、アクティブセーフティブレーキ、LEDヘッドライト&インテリジェントハイビーム、フロント&バックソナー、バックカメラ、16インチアロイホイールなどの主要装備はSHINEグレードと同一だ。

インテリアは、専用ファブリック/テップレザー仕上げのアドバンスト・コンフォートシートを装備。ヘッドレストとショルダー部分のテップレザーとアクセントのファブリックを変更。赤のステッチとSAINT JAMESのタグがアイキャッチになっている。

インストルメントパネルはブラックのテップレザーとホワイトのステッチで仕上げ、センターコンソールシフトレバー下にはSAINT JAMESのバッジが装備されている。C3ならではの旅行かばんのグリップをイメージしたインナードアハンドルには青と赤のSAINT JAMESのドアハンドルアクセントを追加。その他、白いパイピングが入った専用フロアマットと取扱説明書などを入れる専用ハンドブックケースも特別装備品となっている。

価格

シトロエン C3 関連記事
シトロエン 関連記事
シトロエン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る