シトロエン 大幅改良した「C3」を発売開始

グループPSAジャパンは2021年1月7日、シトロエンのベストセラーのコンパクトカー「C3」に新世代ブランドフェイスを採用し、各種の装備を充実させた改良モデルを発売しました。

C3はシトロエンにとってエポックメイキングなモデルであり、2016年末のグローバルでの発売以来、累計80万台を超えるセールスを記録。日本でも好評を博するなど、シトロエンを代表するモデルとなっています。

フロントのデザイン変更

新型C3のフロントマスクは2016年のパリモーターショーで発表されたコンセプトカー「Cエクスペリエンス」にインスパイアされたデザインです。

シトロエンのブランド ロゴであるダブルシェブロンから伸びるクロームがLEDデイタイム ランニングライトにまで広がりワイド感を強調。さらに下部は新たにデザインされたLEDヘッドライトまで伸び、その下のフォグランプは、ベゼル部分がカラーパックとコーディネイトされています。

C3に採用されてシトロエンの象徴となったエアバンプ(樹脂製サイドプロテクター)は、よりワイドに3つのカプセルのセットで構成されており、ボディワークを保護するとともに、C3の個性を強調しています。リヤクオーターパネル、Cピラーのステッカーはこのエアバンプをモチーフにし、サイドビューに統一感を持たせ、新フロントマスクとともにダイナミックさを表現しています。

インテリア

インテリアはドライバーと乗員に、リビングのような居心地の良さとくつろぎをより向上させるため「シトロエン アドバンスト コンフォート」のコンセプトをさらに追求。

このアドバンスト コンフォートシートは、シート生地裏に特別なフォームを配することで、身体とシートのホールド フィーリングを改善したシートで、C5エアクロスSUVで導入し好評を得たものと同様のコンセプトでデザインされています。

生地裏のフォームのボリュームも従来の2mmから15mmへと大幅にアップし、しっとりしながらソフトタッチの比類ない柔らかさを実現。疲労につながる車体の微震動をシートが吸収するようになっています。

運転支援システムと装備

運転支援システムも大幅に拡充されています。ヘッドライトは新デザインのLEDヘッドライトが全グレード標準装備となり、インテリジェントハイビームはマルチファンクションカメラにより常に前方の状況を分析。先行車や対向車の有無により、ハイビームとロービームを自動的に切り替えるようになっています。また走行中の斜め後方をモニターするブラインドスポットモニターシステムも採用しています。

前方の車輌や障害物を検知し、ドライバーが回避操作を行なわない場合に自動的にブレーキを作動させるアクティブセーフティブレーキは5km/h~80km/hで作動します。

その他に、レーンデパーチャーウォーニング、道路標識を検知・表示するトラフィックサインインフォメーション、ふらつきを検知するドライバーアテンションアラート、フロント(SHINEのみ)&バックソナー、バックカメラも装備されます。

パワートレーン

搭載するエンジンはグループPSAの1.2Lピュアテック ガソリンターボエンジン(アイドリングストップ付き)にアイシンAWとの共同開発により生まれた電子制御6速ATのEAT6を継続採用しています。

ピュアテック1.2Lエンジンは、エンジンマネジメントソフトウェアを最新仕様としJC08モード燃費を15%向上させ、JC08モード燃費で21.0km/L従来は18.2km/L、WLTCモードで17.2km/Lとなっています。

グレードと特別仕様車「エディション2021」

グレードはSHINEとFEELの2グレード展開。SHINEは特別仕様車「エディション2021」のベースとなっている装備充実のメイングレードで、アドバンスドコンフォートシートとカラーアクセントの入ったエメラルド内装がボディカラーと組み合わされます。

FEELはモノトーンルーフ(ボディ同色)とスタンダード内装、16インチスチールホイール、フロントソナーやバックカメラ、ブラインドスポットモニターの有無などが相違点です。

そして新型C3導入記念として特別仕様車「エディション2021」を設定。17インチホイールとルーフステッカー、さらにインテリアにテックウッド(一台一台木目の異なるプリント)を装備した特別仕様となっています。

「エディション2021」のインテリア

シトロエン C3 諸元表

価格

シトロエン C3関連記事
シトロエン 関連記事
シトロエン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る