BMW レーシングカーの走りと日常の実用性を両立した新型「X5M」「X6M」登場

BMWジャパンは2020年3月13日、SAVのX5、SAVクーペのX6をベースに圧倒的な高性能を誇るMハイパフォーマンス・モデル、「X5Mコンペティション」、「X6Mコンペティション」を追加し、受注を開始した。デリバリーは4月以降に順次開始される。

BMW X5M BMW X6M

モデル概要

新型「X5Mコンペティション」、「X6Mコンペティション」は、究極のスポーツ・マシンを開発するBMW M社が、サーキット走行を想定して開発したMハイパフォーマンス・モデルで、今回導入されるモデルはよりアグレッシブなスポーツ走行を想定した「コンペティション」モデルだ。

X5Mコンペティション
X6Mコンペティション

搭載エンジンは4.4L・V8気筒でクロスバンク式ターボを装備したMツインターボで、625ps/6000 rpm、最大トルク750Nm/1800-5600rpmを発生する。0-100km/h加速は3.8秒。トランスミッションはドライブロジック付き8速Mステップトロニック、さらにインテリジェント4輪駆動システム「M xDrive」、アクティブMデファレンシャルを装備している。

BMW M製のV8ツインターボ・エンジン

エクステリアは、X5、X6をベースに、M コンペティション・モデル専用のデザインを採用。Mモデルを象徴するダブル・バーを採用したキドニー・グリルはブラック仕上げで、空力性能を向上させるM専用デザインのミラー・キャップ、さらにM専用デザインのサイド・ギルを装備している。また、Mモデルらしい刺激的なサウンドを響かせるMスポーツ・エキゾースト・システムを装備する。

インテリアは、サーキット・モデルに相応しく、アグレッシブな走行でもドライバーの姿勢を支えるMマルチファンクション・シートや、M専用ステアリング・ホイールとシフトレバーの他に、最新のデジタル・パネルを採用したBMWライブ・コックピットやM専用コンテンツが表示されるヘッドアップ・ディスプレイなどを装備している。

価格

Twitter:https://twitter.com/autoprovenet
facebook:https://www.facebook.com/autoprovepage/
Youtube:https://www.youtube.com/user/autoprove/

BMW X5シリーズ 関連記事
BMW X6シリーズ 関連記事
BMW 関連記事
BMW 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る