BMW「M4 CSL」超希少なMモデルのオーダー受付を9月26日まで実施【動画】

BMWジャパンは2022年9月2日、全世界向けに1000台限定で生産される究極の超希少なMモデル「M4 CSL」のオーダー受付を、BMWオンライン・ストア限定で9月26日午後11:59まで実施すると発表した。日本国内には25台限定での導入となり、限定台数より注文数が上回った場合には、厳正な抽選により10月初旬までに当選者を決定するとしている。なおデリバリー開始は年末以降となる。

周知の様にBMW M社が開発する高性能マシン「Mモデル」には、2つのカテゴリーがある。1つはサーキットでの走行を可能とした少量生産されるMハイパフォーマンス・モデル、もう1つはサーキットで培われた技術を取り入れ走行性能を高めたMパフォーマンス・モデルがあるが、今回発表のM4 CSLは、超希少なハンドメイドのMハイパフォーマンス・モデルそのものだ。

M4は、クーペ・モデル特有の流れるようなルーフ・ラインを持つ究極の美しいフォルムを備えながら、サーキットでの圧倒的な走行性能を持つハイパフォーマンス・モデルである。今回発表のM4 CSLは、BMW M4 Competition(RWDモデル)をベースに、約100kgの軽量化、40psの出力向上を図り、ニュルブルクリンク北コース(20,832km)で、7分20秒207のラップタイムを実現したBMW量産車最速モデルだ。なおCSLは、Competition、Sport、Lightweightの頭文字から名付けられている。

このM4 CSLは、M4 Competition(RWDモデル)をベースに軽量化を図り、2人乗りとし、ボンネット、トランク・リッドにCFRP(カーボンファイバー)を採用し、車両重量は1630kgまで軽量化。さらに、キドニーグリル、エアインレット、ドアミラーカバー、ディフューザーにもCFRPを採用することで、レーシングカー的な存在感も強めている。

イエローのデイライトを備えたレーザー光ヘッドライト、レーザー・テクノロジーを採用したリヤコンビネーションランプを装備し、トランク・リッドなどに配置されたモデル・バッチは、ブラックをベースにレッド・アクセントを利かせることで特別感を演出している。

インテリアは、レーシングカーを直感させるデザインで、センターマーク付きのMアルカンターラ・ステアリング、Mカーボンファイバー・トリム、専用CFRP製センターコンソールなどを採用している。

シートは、極限まで軽量化を図ったMカーボン・フルバケット・シートを装備。レースーンでの使用を考慮し、6点式シートベルトに対応し、さらにヘルメット使用時でもヘッドレストが邪魔にならないよう工夫されている。軽量化のため、リヤシートはなしで、替わりにヘルメットなどの収納スペースが設けられている。

搭載エンジンは、M4に搭載される3.0Lの直6ツインターボ・エンジンをベースに、過給圧を1.7barから2.1barにブーストアップすることで、M4 Competitionに比べ出力を40ps向上し550psを発生。さらに軽量化の実現により、0-100km/h加速は3.7秒を実現している。

シャシーは、M4 Competitionをベースに、路面追従性、キャンバー強度、ダンパーのレスポンスを向上させるため、リンク類のボールジョイント部を4ヵ所増加させ、合計14ヵ所にボールジョイントを採用。

さらにM4 CSL専用サスペンション、専用スタビライザー、レッド・ハイグロスのキャリパーとMカーボンセラミック・ブレーキを標準装備することで、サーキットにおける究極のドライビング性能を発揮することができる。

価格は2000万円を軽くオーバーするが、M社の専用チューニング、専用装備、そのままサーキット走行ができることを考えると、ある意味で妥当なプライスということができる。

価格

BMW M4 関連記事
BMW 関連記事
BMW 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る