BMW「M4」に「カブリオレ コンペティション M xDrive」を追加

BMWジャパンは2021年9月10日、サーキットでの運動性能を極限まで高めたMハイパフォーマンスモデル「M4」のラインアップに、オープンエアの爽快感と高次元の運動性能を両立させた「M4カブリオレ M xDrive」を追加し発売しました。デリバリーは9月末以降に予定されています。

BMW M社が開発する高性能マシンMモデルのカテゴリーで、今回発表された「M4カブリオレ M xDrive」はMハイパフォーマンスモデルに位置付けられ、Mパフォーマンスモデルとして2021年2月に発売した「M440i xDrive カブリオレ」より、さらに高い運動性能を実現しています。

M4カブリオレ M xDriveは、キャンバス製のソフトトップルーフが閉じている状態から、約18秒で開けることが可能。ソフトトップを閉じれば、AピラーからCピラーにかけて流れるような美しいルーフラインを持つエレガントなクーペスタイルを生み出します。

フロントデザインは、迫力ある縦型の大型キドニーグリルを採用し、水平方向にはダブルバーを備え、大出力エンジンの冷却性能を高めるために大型のエアインテークを採用することで、他のモデルとの差別化をはかっています。リヤは、迫力のあるMスポーツ・エキゾースト、空力特性を高めるためのディフューザー、さらにトレッドをワイドにすることで後ろ姿からもハイパフォーマンスモデルであることがひと目で判別できます。

インテリアは、Mスポーツシート、Mロゴが輝くドア・シル、Mモデル専用にデザインされたメーターパネル、M専用ステアリングを装備し、車内にいても高揚感を感じることができます。また本格的なスポーツ走行に適したMカーボンバケットシートを、オプションで設定しています。

エンジンは直列6気筒のMツインパワーターボ ガソリンエンジンを搭載し、高出力510ps/6250rpm、最大トルク650Nm/2750-5500rpmを発生。トランスミッションは、ドライブロジック付きの8速Mステップトロニック オートマチック トランスミッションを搭載。大パワーとシャープなレスポンスにより、0-100km/h加速は3.7秒という傑出した動力性能を発揮します。

M xDriveは、M専用の4輪駆動システムで、サーキットにおいて最高の運動性能を発揮し、高性能な直列6気筒ターボエンジンのパワーを確実に路面に伝達することができます。M xDriveは、インテリジェント4輪駆動システムのxDriveとアクティブMディファレンシャルをベースとして、Mモデル専用に開発された制御システム「ドライビング ダイナミクス コントロール」によって制御されます。

さらに、車両の安定走行をサポートするDSC(ダイナミッック スタビリティ コントロール)が装備されており、日常の安定した走行からサーキットでのアクティブな走行まで多様な楽しみを提供。

基本設定は「DSCオン 4WDモード」で、Mモデル特有の俊敏性を発揮し、Mダイナミックモード(MDM、4WD Sport)では、リヤアクスルへの駆動トルク配分が増加し、リヤホイールのスリップ許容量が大きくなることで、よりダイナミックなハンドリングを楽しむことができます。さらに熟練したドライバーのために後輪駆動となる「2WDモード」を備えています。

ドライブトレーンを構成する各種パーツには、アルミニウムを多用し軽量化をはかり、さらにMアダプティブ サスペンションを標準装備することで、スポーツドライビングのみならず、街中走行時の乗り心地向上も実現しています。

ブレーキは、よりハードなサーキットでの走行を可能とするため、耐熱、耐フェード性能に優れた大径ブレーキディスク、軽量化された6ポッドMコンパウンドブレーキを標準装備。さらに、耐摩耗性能、耐熱性能をより高めたMカーボン セラミックブレーキがオプション装備となっています。

価格

BMW M4 関連記事
BMW 関連記事
BMW 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る