BMW「iX」次世代技術を投入した4WD電気自動車を発売【動画】

BMWジャパンは2021年11月4日、長距離走行が可能な革新的な技術を投入したDセグメントの次世代電気自動車「iX」の発売を開始した。「i」ブランドとしてはi3、i8、iX3に続く4番目のモデルとなる。

iXは、クロスオーバーSAVをベースに、コンセプト、デザイン、電動パワートレインなどその全てに次世代を投入して開発された先進的なモデルだ。サステイナブル(持続可能性)であることを目的に、パワートレインには第5世代となる新型モーターやインバーターを採用し、大容量のリチウムイオンバッテリーの搭載により、iX xDrive40は450km、iX xDrive50は650kmの走行が可能となっている。

またデザイン面でも次世代自動車であることを感じられるエクステリア、インテリアを実現し、さらには最新の運転支援システムや最新の通信システムを装備している。

iXのボディサイズは、X5と同レベルで全長4955mm、全幅1965mm、全高1695mm、ホイールベース3000mmというグローバルDセグメントサイズだ。X5と比べ全高は低められ、空力特性を向上させている。

iXは2020年11月から生産を開始。第5世代のCLARプラットフォーム用の電動ドライブトレーン、アルミ製スペースフレームを組み合わせている。このアルミ製スペースフレーム/プラットフォームは新開発されているが、従来からのCLARプラットフォームと互換性のあるパワートレーン、シャシーを備えていることが特長で、従来タイプのCLARプラットフォームの「iX3」ともコンポーネンツを共有。そのため、専用工場で製造したi3、i8とは違ってディンゴルフィング工場で内燃エンジン搭載車との混流生産が可能になっている。

5ドアボディは、高張力鋼板、アルミニウム、熱可塑性樹脂、CFRPカーボンを組み合わせたマルチ素材構造で軽量化を図っている。フロントマスクは4シリーズと同デザインの大型キドニーグリルを採用しているが通気するグリルではなく樹脂パネルで、カメラやレーダーなどのセンサーを配置する場所になっている。

フロント駆動用e-アクスルユニット(左)とリヤ駆動用のe-アクスル

新世代の電磁石動機式の駆動モーターを前後アクスルに配置したxDrive(4WD)とし、ラインアップはバッテリー容量76.6kWhのxDrive40と、111.5kWhの大容量バッテリーを搭載するxDrive50の2機種となっている。航続距離はiX xDrive40は450km、iX xDrive50は650kmの走行が可能である。

充電は、最高150kW出力の急速充電に対応し、40分間で80%の充電、10分間の充電で100kmの航続距離を伸ばすことができる。自宅や公共の普通充電設備では最大11kWでの充電に対応し、自宅の普通充電では約7時間で、0から100%の状態まで充電することが可能である。

デザインは、大胆かつモダン、さらに最小限であることをコンセプトに、フロントのキドニーグリルを4シリーズ同様に大型化し、他モデルに比べ最もスリムなヘッドライトを採用することで、次世代のイメージを訴求。リヤはヘッドライト同様に薄くシャープなリヤライトを採用し、エアロダイナミクスを追求したディフューザーや、ワイドなトレッドで強い存在感を表している。

インテリアも、次世代であることを感じさせるデザインを多く取り入れている。BMWモデルとして初めてメーターパネルとコントロール ディスプレイを一体化させ、形状を湾曲したカーブド ディスプレイとすることで、操作性、視認性を高めている。

多くのボダン類を廃止し、エアコン送風口をスリム化することで、運転席回りをすっきりとさせつつ、iDriveコントローラーを他モデル同様に装備することで優れた操作性を確保。

また、斬新な六角形のステアリングホイールを初めて採用するなど、革新性も強調している。シートはヘッドレスト一体型を採用。大人5名乗車でも、後席においてもゆったりとした室内空間を確保することなど、より上質なラウンジで過ごすようなリラックスした空間を実現。さらに、ファーストクラスパッケージをオプション設定。電動シートの調整スイッチ、スタート/ストップボタン、iDriveコントローラーなどはクリスタル製にするなど、未来感を一段と強調している。

iX xDrive50は、前輪用モーターが最高出力190kW(258ps)、最大トルク365Nmを発揮し、後輪用モーターは最高出力230kW(313ps)、最大トルク400Nmを発生。システムトータルでの最高出力は385kW(524ps)、最大トルクは765Nmとなる。リチウムイオン電池容量は303Ah/111.5kWhで、一充電走行距離は650km、電力量消費率は190Wh/kmである。

iX xDrive40は、前輪モーターが最高出力190kW、最大トルク290Nm、後輪モーターは最高出力200kW(272ps)、最大トルク340Nmを発生し、システムトータルでの最高出力は240kW(326ps)、最大トルクは630Nmである。リチウムイオン電池容量は232Ah/76.6kWhであり、一充電走行距離は450km、電力量消費率は183Wh/kmである。

iX xDrive50には4輪アダプティブ エアサスペンションが標準装備される。前輪、後輪ともに採用することで、走行状態に合わせ、常に最良の地上高を保ち、乗り心地、敏捷性、安定性などを高いレベルでバランスさせることができる。また、ドライバーによる任意の切り替えも可能で、例えば、Sportモードへの切り替えで、ダンパーを固くし車高を下げればスポーツ走行に適した特性となり、さらに任意に車高をハイ(+20mm)、ロー(-10mm)を設定することもできる。

またiX xDrive50は、前後輪統合制御ステアリング システムのインテグレイテッド アクティブステアリングを標準装備している。走行状況に応じて、後輪を積極的に操舵させることで街中での取り回しやスポーティな走りを生み出すことができる。その結果、旋回時の安定性が高まるため後席の乗り心地を向上させることができる。

市街地での駐車や取り回しなど低速域においては、後輪を逆位相に最大3.2度に操舵することで、車両の回頭性を高め、狭いスペースへの駐車や細い道でのUターンが、スムーズに行なうことができる。逆に高速域においては、後輪を最大2度の同位相操舵することで、ワインディングでは安定したターンインを、高速ではスムーズなレーンチェンジを実現している。

電気自動車ならではの装備面では、ヒート コンフォート パッケージを標準装備している。従来のエアコンディショナーによる温風や、シート(フロント/リヤ) 、ステアリングヒーターに加え、センターコンソール、フロントドアパネル、リヤドアパネル、ダッシュボード下部の表面が加熱される表面加熱技術により、冬季の運転においてもバッテリーの消費を抑えながら車室内はラウンジのような心地良い暖かい空間としている。

また無音である電気自動車において、サウンドによる効果でドライビングプレジャーが体感可能なアイコニック サウンド エレクトリックも装備している。オーディオスピーカーから、特別に作曲されたサウンドが発生し、次世代の走りを体感することができるのだ。

アカデミー賞、ゴールデングローブ賞のノミネート多数の実績を誇り、映画「パイレーツ オブ カリビアン」を担当するなど、現在最も著名なドイツ出身の映画音楽作曲家の一人であるハンス・ジマー氏により作曲されたサウンドは、MYモードの設定でSportを選択するとサウンドを強調、パーソナルを選択すると音響全体のバランスを重視、エフィシェントを選択するとサウンド オフとすることができる。

もちろんiXは、他のBMWと同様に、BMWコネクテッド ドライブ、先進運転支援システム「ドライビング アシスト プロフェッショナル、インテリジェント パーソナル アシスタント、AMAZON Alexaなどもフルに装備している。

価格

【関連記事】ニューモデル「iX」の受注を開始:https://autoprove.net/imported-car/bmw/ix/199198/

BMW iX 関連記事
BMW 関連記事
BMW 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る